So-net無料ブログ作成
検索選択

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などはお知らせブログにて

響けユーフォニアムがエースをねらえよりむしろプリキュアに似てる件!? [メディア・家族・教育等とジェンダー]

「ど~もー、前記事に引き続き、またまた佐倉智美 著・小説『1999年の子どもたち登場人物の佐倉満咲です(^o^;)」

「同じく黒沢歩です……」

「やっぱり同じく、栗林理素奈で~す;」

「ぃや~、期末テストも終わって一息だねぇ」

「ボク、ちょっと赤点が心配…」

「歩クンは大丈夫でしょ。……それより前記事でとりあげた『響け!ユーフォニアムも、アニメのほうは最終回がすでに済んだわね」

 BL150709euphoEA01.JPG
(放送画面より。以下、響けユーフォニアムとプリキュア画像は本記事中は同じ)

「もぉ めっちゃ感動だったよね。……ボクもやっぱなんか部活しておけばよかった気がしてきたよ(^^ゞ」

「ボクたちはストーリーの行きがかりで下校部(帰宅部)になっちゃったからねー」

「作中の時系列だと、今頃って、ちょうどアニメ第10話のあたりなのかな」

「第13話の吹奏楽の京都府大会の本番が、ボクたちが福井県坂井市三国へ臨海学習会に行ってる頃あたりだそうだよ」

「じゃぁ、私たちが京都駅前に買い物に行く日は、向こうのアニメ第12話くらいに相当するのね。帰りに電車が宇治川渡るときに黄前久美子チャンが橋の上で叫んでないか、よく見とこぅっと(^^)」

 BL150709euphoEA02.JPG

「それはそうと、どうしてボクたちまた前記事に続いて再登場なの?」

「そうそう。お父さんからちょっとアドバイスをもらってさ。『響け!ユーフォニアム』原作者がセーラームーンネイティブ世代という点に着目するなら、もっと現時点でのプリキュアシリーズとの相同性をていねいに整理しとけとか、『エースをねらえ』を引き合いに出すなら昭和のスポ根モノとの差異をもう少し具体的に比較しろとかね」

「さすが作者、なかなか的確ねぇ(^o^;)」

「……つまるところ『響け!ユーフォニアム』を概観して強く感じられるのが、物語の基本線キャラ配置のメソッドに、プリキュアシリーズと共通するところが大きいってことで」

「そうなんだ……」

「まずもってそれを象徴するのが、アニメ『響け!ユーフォニアム』OP主題歌『DREAM SOLISTER』が、なんか女の子が変身して戦うようなアニメの主題歌っぽく聞こえることだったり……」

 

「そういえばエンディング主題歌の『トゥッティ!』のCDでcwになってる『ベルアップ!』も、なんだかプリキュアシリーズのエンディング主題歌によくありがちな内容だよ」
※「トゥッティ/Tutti」はイタリア語で、音楽においては全員そろっていっしょに演奏することの意

 

「で、滝先生の位置づけが、ドキドキプリキュアのジョー岡田氏ていどの重要……というのも、あながち単なる中の人ネタではなくて、なかなか思った以上に正鵠を射た比喩かもしれないし…」

 BL150709euphoEA03a.JPG

 BL150709euphoEA03b.JPG

「この黄前久美子×塚本秀一関係性は、ハピネスチャージプリキュアでの 愛乃めぐみ×相楽誠司相似形なんだよね」

 BL150709euphoEA04a.JPG

 BL150709euphoEA04b.JPG

「言われてみると、キャラ配置なんかも……。加藤葉月チャンは、5人編成プリキュアでの赤の人に相当してるし…」

 BL150709euphoEA05a.JPG

 BL150709euphoEA05b.JPG

川島緑輝と書いてサファイアちゃんは、いかにも黄色プリキュア(^^)」

 BL150709euphoEA06a.JPG

 BL150709euphoEA06b.JPG

「あと、そのデンで行くと高坂麗奈チャンは、いわゆる紫プリキュア的な立ち位置なんだけど、初期の久美子との緊張した関係は、ハピネスチャージプリキュアでの ひめ×いおな と照応しているようにも解釈できるよね」

 BL150709euphoEA07a.JPG

 BL150709euphoEA07b.JPG

「なるほどな。部活モノのジャンルで、新着任の指導者を迎えて全国大会をめざすストーリーなのに、昭和のスポ根アニメとよりも、むしろプリキュア等を連想させられるようなつくりになってるというのは、やはり若い世代の創作者の新しい感覚によるところで、今風のゆえんなんだね」

「でね、『響け!ユーフォニアム』原作小説2巻を読むと、ますますだよ。夢が叶わなかった絶望やふとした誤解からの友情のすれ違いによって心を閉ざしてしまった少女が《ラスボス》で、その救済と、和解、友情の恢復がクライマックスになってるの」

「それ、たしかに昨今の《女児アニメ》の鉄板の題材だもんねー。アニメ化すればまさに変身バトル抜きバージョンのプリキュアだよ(^^;)」

「だから、1992年生まれの女性が《女性主人公たちが部活で全国大会をめざして奮闘する「スポ根」青春小説》を書いたら、往年の『エースをねらえ』のようなテンプレをいちおうは下敷きにしているようでいて、それにもかかわらず、むしろプリキュアとそっくりと言ってもよい物語ができたというのは、やはり大きな意味がある……。そのあたりをお父さんもおっしゃってるのね」

「じゃぁ、一方での、その『エースをねらえ』とは、どんなふうな点が相違するんだろ?」

  

(原作コミックや全シリーズのアニメを仔細にチェックすると別途ありえるとしても)いちおうコンパクトにまとまっている1979年の劇場版アニメに準拠すると、まず前記事から書いてるとおり、滝先生と宗方コーチの位置づけがゼンゼンちがってる。加えて、滝先生本人は難病で死んじゃったりしない」

「ソコも巧妙にズラしてあるけど、『響け!ユーフォニアム』では才能を買われて上級生を差し置いて抜擢されたことで反感を抱かれてしまうのが麗奈チャンで、メイン主人公ではないというのも、巧妙なズラしだわ。てゆーか、吹奏楽の力量的には麗奈チャンこそが『エースをねらえ』のお蝶夫人に相当するところとかも」

「だからこそ久美子×麗奈の深い関係性がこってりと描写可能になってるわけかぁ」

「……『エースをねらえ』では《百合》描写はないの?」

「うん。……今の視点だと、何か物足りないのはソコね。岡ひろみ×愛川マキの関係が薄味でストイックに見えちゃう;」

「今ならもっとシンフォギアの立花響と小日向未来のようなディープな方向もありうるはずだもんなぁ。……世界へ羽ばたこうとするひろみを応援し、自分はひろみが帰ってくる場所を守っていると言うマキに[愛川マキは、私にとっての陽だまりなの。マキのそばがいちばんあったかいところで、私が絶対に帰ってくるところ(はぁと)]みたいに返すとか見てみたいゾ(*^_^*)」

「そのへんが時代的な限界? 当時はその発想はなかったのかしらね」

「で、やっぱ『エースをねらえ』では《男》の存在感がやたら大きいよ。男子テニス部の藤堂先輩なんて主人公・岡ひろみとアッサリとフラグを立てては、やすやすとソレを回収していくんだから、久美子チャンの幼馴染・塚本秀一クンが見たら羨むことこの上なしw (そしてソコは秀一クン「俺ももし昭和に生まれていたら…」ではなく「俺も女だったら麗奈と対等に張り合える…」のほうへ行ってほしい(*^_^*))」

 BL150709euphoEA08.JPG
(劇場版エースをねらえ画面より。以下、本記事中は同じ)

「そういえば岡ひろみと宗方コーチとの関係性も、いわば強い絆として作劇の中心になってるわ。この点は『響け!ユーフォニアム』では、麗奈チャンは滝先生にLOVEとはいうものの、アニメではそのことをセリフで説明した以上の演出はほとんどないし、あまつさえ恋愛ボケ描写などは避けられてる。むしろ強調されていたのは、音楽に対しての純粋で真っ直ぐな思いと、あとは久美子チャンとの深い心のつながり(*^_^*)」

 BL150709euphoEA09.JPG

「『エースをねらえ』だと、岡ひろみが抜擢されたときに、ただそれだけで羨望や嫉妬の念を周囲から向けられてしまい、それがいわゆる《女は陰湿》という印象をミスリードしてしまう問題があったのを、『響け!ユーフォニアム』は慎重に回避してるのも大きいよ。紛糾したきっかけは選考に不正があったのではないかという疑惑だし、それを執拗に追及する先輩側にも、周到にドラマが用意してある。全員の行動の動機が、音楽への思い、部活へのひたむきさ、他者への思いやりになっていて、本当に《誰も悪くない》んだから」
※『エースをねらえ』でもテレビシリーズでそのあたりを補完するエピソードは描かれているそうです→ http://www.style.fm/as/05_column/animesama01.shtml 他にもひろみとマキをはじめ女性キャラどうしのつながりについても

「ともあれ、こんなふうに比較対象のサンプルとして適切なものを定めて共通項でくくり、その上で相違点を洗い出すと、最新作の何が新しくて21世紀的で、この先はどう変わっていくべきなのかも考えやすいし、逆に旧作のどこが古く因習的で何が昭和っぽいのかがハッキリ認識できるからわかりやすいわね」

「そして大きなちがいの何が核心かというと、複数の女性キャラに多層的な関係性をつくって物語を動かして描いていくメソッドが、《セーラームーン以降》に象徴される蓄積によって、この2015年においては確立しているってことじゃないかい?(人数的にもアニメ化においては女声声優の層の厚さが相当なものになってるだろうし)」

「そういう意味では『響け!ユーフォニアム』は、まさに《プリキュア10周年時代のスポ根青春ドラマ》なのね」

「そのうえで、そうした点を差し引いて『エースをねらえ』を観直してみると、当時の枠組みで可能な範囲で、ジェンダー問題等々にもかなり挑戦的に取り組んでいたことがわかるから、そこのところは過小評価してはいけないだろうねぇ」

「『岡には女を超えてもらう』みたいな宗方コーチのセリフとか、何より、まずもって女性主人公なこととか?」

 BL150709euphoEA10.JPG

「うん。それから、特に1979年公開の『劇場版エースをねらえ』は《スポーツ》《根性》よりも《青春》に重心を置いて組み立てられているせいもあって、高校生がひたむきに何かに取り組む様子は、思った以上に【なんだ、今も昔も、そんなに変わらないじゃん】という印象も強かったりする」

 BL150709euphoEA11a.JPG

 BL150709euphoEA11b.JPG

「学園、青春。そして友情、努力……。そういうのってじつはものすごく普遍的なんだね」

青春時代の尊さは昔も今も変わらないんだ……」

「……というわけなので、ボクたちも、自分たちの小説本編の生活に戻ろうか」

「そういえばミサキの誕生パーティがもうすぐだね」

夏休みになったら臨海学習会。いよいよ序盤のヤマ場ね。……しっかり思い出つくりましょ♪」

「ではでは皆様、また~(^^)ノシ」



  

  

  

  

  §全7巻§


◇◇


『響け!ユーフォニアム』を隣の城陽市から検証する [メディア・家族・教育等とジェンダー]

「ど~もー、佐倉智美 著・小説『1999年の子どもたち』登場人物の佐倉満咲です♪」

「同じく黒沢歩です……」

「同じく、栗林理素奈です」

「というわけでボクたちと同様に、現実世界の作者の娘さんである佐倉満咲チャンも本当に高校1年生になったということで、いよいよリアルに西暦2015年度だねぇ」

「私たちのこの山城ヶ丘高校は京都府立で、現実でのミサキちゃんが通うのは大阪府立の高校だったりするけどね」

「ともあれ、西暦1999年度生まれの子どもたちが高校生になる2015年度が舞台の、このボクたちの小説世界だけど、最初に世に出た10年以上前には、まだリアル満咲チャンは保育園児だったんだからなぁ……。月日の経つのはなんとやら」

「リアル満咲チャン、この小説世界のミサキとは、だいぶ違ったキャラに育ったんだって?」

「そうよね。むしろ(第7巻の外伝で)大学生になった時点の私に近いのかしら?」

「あぁリソナ、それナイス。言い得て妙かも(^^ゞ」

「……他にも初出執筆時には思いもよらなかった状況が、実際のリアル2015年にはいっぱいあるんだろ?」

「そらまぁ、スマートフォン全盛で[ LINE ]がコミュニケーションの基幹インフラになってる現実世界を10年以上前に的確に予測するのは無理だったわけで、その意味では作中では『ミノフスキー粒子』設定で携帯電話は使えないことにしといてマジよかったって作者こないだ言ってた」

「そういうところって近未来小説、ホントに難しいのね」

「でも、やっぱ、ジェンダー・セクシュアリティ系、セクシュアルマイノリティ、性の多様性にかかわる各種の状況に、予想をこえて進展した部分が少なくなかったというのも大きいらしい」

「たしかに直近では渋谷区のアレもあったし、各地でレインボーパレードLGBT成人式がさかんにおこなわれたり、セクマイサークルがある大学も珍しくなかったり……」

「あと、昨今のマンガ・アニメ・ライトノベルなど、ポピュラーカルチャーの分野がめざましく進化してるよね。……ほら、ボクとアユが一人称がボクなせいで、4月のホームルームの自己紹介がちょっとモメたじゃん」

「……ぅん」

「でも、あの時点から半年前にあたる現実の2014年の秋にオンエアされたアニメ『プリパラ』の第18話では、同じように普段から一人称がボクな女性キャラが転校先での自己紹介のときにそのことを揶揄されるシーンがあって……」

 BL150609eupho01.jpg
※放送画面よりキャプチャ。以下も

「わ~、コレはホントに神対応ねぇ」

「こういうふうなのが子ども向け番組で、ごく自然に描かれる時代なんだね」

プリパラ18話といえば他にもアレなんだけど、それを置いても、今じゃ他にも日常系百合アニメとかもフツーにあったりするしね。だからボクたちの作品世界でのいろいろ百合百合しいシーンなんかも、執筆当時はかなり先進的なほうなはずだったんだけど、もはや決して珍しくはないかな」

「なるほど、時代は着実に動いてるんだね」

「あっ、ところでアニメといえば……」

「どうしたの、リソナ?」

「うん『響け!ユーフォニアム』……

 BL150609eupho03.jpg
※公式のサイトからキャプチャ。以下相関図も同様で他は放送画面より

 ……って知ってる??」

「あっ観てる! KBS京都だよね、お父さんが録画してる(^_^;)。吹奏楽部で活動する高校生の青春ストーリーで、すごいオモシロイ」

「うん、細かな説明はアニメ公式サイトなどに詳しいとして、私はこないだ原作の小説を読んだんだけど、あの舞台の学校って北宇治高校なのよ」

「……北宇治?」

宇治はこの山城ヶ丘高校がある東山城市の北隣の市だよ。歩クンも通学途中に電車で通るし、私の家だって宇治市内だよ」
※「東山城市」は『1999年の子どもたち』作中での架空の市名で、21世紀のはじめに城陽市・井手町・山城町が合併してできたという設定です。現実の市町村合併の状況とは異なります。「山城ヶ丘高校」も架空の学校名です

「うん。たしか六地蔵の駅で降りる子たちが、その北宇治高生っぽい……」

「今風に進化したセーラー服タイプの女子制服がカワイイのよね」

「そうだね。あの制服、リソナに似合いそう(^^)。北宇治は志望校に考えなかったの?」

「私はワケアリだから、同じ中学の子があまり行かない高校で、一度いろいろリセットしたかったし……」

「ソレって『響け!ユーフォニアム』主人公の黄前久美子チャンが同様のことを言ってたヨ」

「リソナの場合は似て非なる事情だよね。ボクも…………」

「……だね。それにしても、この山城ヶ丘高校の京都府立高校としては隣にあたる北宇治高校がアニメ化かぁ、いいよなぁ。ボクたちだってアニメになりたい!

「まぁまぁミサキ、熱くならないで(^o^;)」

「ロケーションとしては南北に数キロメートル離れてるだけで、京都府南郊の丘陵部中腹に位置する坂道の上の校地っていうのは共通だもんね。だからアニメOPに出てくるこういう眺望とか……」

 BL150609eupho05.JPG

「たしかに、なんか親近感が湧くねー」

「あと、学校の景色とか」

 BL150609eupho06.JPG

「ホント、ビミョ~にデジャヴ(^^)」

「他にもウチの学校の裏手の向こうのほうにある太陽公園も出てくるし……」

「吹奏楽の強豪校・私立の立華高校なんかもそのまんまよね」

「立華高校はボク、受験で併願したところだよ(^^;)」

「原作小説の2巻以降だと太陽公園のプールに遊びに行くシーンもあるよ。……私たち3人も8月の後半に行くよね」

「ほほぅ、向こうとのエンカウントはないのかね」

「残念ながら日付が若干ズレてます。私たちのほうが数日だけ後」

「あっ、それじゃボクたちのほうが『ここがあの場所かぁ!』みたいに聖地巡礼できるネ」

「そういう問題なの、ミサキ?(^^ゞ」

「……他にもJR京都駅とかともカブってるよ。向こうは秋のイベントで、室町小路広場のステージで演奏を披露しに行くの」

「京都駅の駅ビルって、なんかいろいろ……大きいよね」

「7月になったらボクたち、みんなで買い物に行くよ。あと11月にはボクとアユがデートする!」

「えっ、ミサキとボクがデート……」

「正確に言うとアユじゃないナ; 今も後ろに立ってる子なんだけど」

「はいはいミサキちゃん、こっち側のネタバレはそのくらいにして……」

「了解。というわけでまとめると、ボクたちが8月前半に行く[ 臨海学習会 ]、ざっくり言うと夏合宿の行き先が、やっぱり現実世界で前年の2014年夏にオンエアされてたアニメ『グラスリップ』の舞台(福井県坂井市三国地区)とカブったのに引き続き、ズバリ2015年の春には本拠地の場所が微カブりしたのが『響け!ユーフォニアム』ということでOK?」

「はい。そんな『響け!ユーフォニアム』なんだけど、これがなかなか、いろいろスゴイと言われてます」

「アニメ第8話とか神回だったよね。主人公・黄前久美子ともうひとりのキーパーソン高坂麗奈の2人が、ひょんなことからお祭りにいっしょに行くことになったものの、雑踏を避け、楽器を担いで山の中腹の展望台にのぼることで、両者の距離がグッと縮まるという………萌えるねぇ(*^_^*)」

 BL150609eupho09.JPG

 BL150609eupho10.JPG

 BL150609eupho11.JPG

 BL150609eupho12.JPG

 BL150609eupho13.JPG

 BL150609eupho14.JPG

「ところが、この2人各々気になる男性もいるのね。麗奈チャンは顧問のイケメン先生に心酔してるし、久美子チャンはといえば幼馴染の男の子・塚本秀一クンとフラグ立ちまくりだし」

「い、いったいどっちが本当の気持ちなの?」

「そのあたりが、視聴者の間でもちょっと論争になってたりするの」

「まぁ、ボクたちの立場からすれば【どちらも本当】でかまわないんだけどねー(^^ゞ」

「ちょ、だからミサキちゃん、こっち側のネタバレ(それもかなり核心部分)はもういいから; ともあれ、まだまだ世間一般には、白黒ハッキリさせたうえで公式カップリングをひとつに決めたがる人も多いってことね」

「強いて言えば、アニメ公式サイト人物相関図なんかでも、やっぱり謎の引力が強調されてるのは久美子×麗奈のほうだし……

 BL150609eupho17.JPG

 ……展望台の上で2人が合奏した曲が奥華子愛を見つけた場所というのも意味深すぎるし、それに……

 BL150609eupho18.jpg

 ……エンディングのタイトルバックではこの2人に赤い糸がつながってるから、少なくともアニメが物語の主軸としてプッシュしてるのは、この2人の関係性のほうなんじゃない?」

「そう。そうなの。そして、ソレをふまえて原作を3巻&外伝短篇集(事実上4巻)まで読み進めると、麗奈チャンの先生への気持ちも丁寧に拾ってエピソードに織り込まれてるし、久美子×秀一フラグも然るべき形で回収されていくんだけど、でも、決してそういう異性愛要素が、それこそが最も素晴らしい至上の価値を持つものというふうにはならないのよね」

「オーソドックスな少女マンガだったりしたら、主人公の恋愛成就が物語の主題になりがちだったもんだけど……」

「あー、ボク、少女マンガのそういうとこ苦手なんだ」

「……でも『響け!ユーフォニアム』では、女の子どうしの親密な関係性が、異性との恋愛と対等、もしくはソレ以上の扱いってのも、時代だねぇ」

「男性キャラとの恋愛感情に基づく関係性も女性キャラを構成する一要素として、ただしあくまでも最重要ではない一部分にとどめて取り入れながら、異性間恋愛も同性間の親密性も、全部アッサリ対等に並列的に扱う『響け!ユーフォニアム』。 これはまさに真の2015年クォリティね!」

「相手が異性であろうと同性であろうと、それぞれ、一般的な通念に照らして「友情」とされるものも、ソレを越えるようなものも、べつに成り立ってイイはずだもんなぁ(^^)」

「それに、アニメ8話も発端は安易な《男がらみの三角関係で女の子どうしの人間関係がギスギス》展開かと思わせといて、最後は巧妙に丸く納めてるけど、それと並んで9話以降、大会出場の代表メンバー選抜オーディションに際して、例の高坂麗奈チャンが上級生を差し置いた実力を見せたことで、ちょっとした、いわゆる《トゥシューズに画鋲》展開になるときも、過剰にドロドロさせない絶妙の匙加減になってる」

「たしかに、誰も悪くないんだよね。《トゥシューズに画鋲》を入れる側に相当する先輩キャラにも、ちゃんと事情があって、むしろそっち視点からみれば正当な主張にもとれる。……だいたい《女の人間関係には妬み嫉みが渦巻いててドロドロ(だけど男の世界にはソレはない)》という言説は、いわば男性ホモソーシャル構造を維持管理している体制側の工作員によるネガティブキャンペーンであって、真実とは異なるし」

「あと、顧問のイケメン先生は主人公らの入学と同時に新任で着任して、部活の指導のテコ入れをしていくわけだけど、そのあたりの位置づけも、昭和のスポ根モノとくらべると激しく今風。エースをねらえの宗方コーチのようには主人公らにガッツリとは絡まず、立ち入った関係性にはならないの。当然に恋愛が入り込んだ権力関係も生じなくて、「新しく就任した鬼コーチ」の立ち位置は、あくまでも主人公らの周縁にしかなく、物語の進行・各キャラの成長エピソードなどは、主人公ら自身が自ら進めていくというスタイル」

「いわば顧問のイケメン先生はキーパーソンではあるものの、登場「人物」というよりは、主人公たちをとりまく環境要因のひとつにすぎない位置付けになっている――。例えるならドキドキプリキュアにおけるジョー岡田ていどの存在意義って感じ(中の人ネタですね^^;)たしかに、わかる」

「……これが1992年生まれの原作者のセンスの若さなのね」

「原作の武田綾乃さんは1992年生まれということは、物心づいたころにはすでに『セーラームーン』があって、12歳のときに『プリキュア』がスタート。ちょうど思春期の最中に『けいおん』っていう計算になるよね」

「となると、物語に関する、いろんな感覚が新しくても、さもありなん」

「……ぅ~ん、だからボクとしてはもひとつ期待したいんだけどなぁ、川島緑輝チャン男の娘説!」

「え゛、男……の娘!?」

「だって、

*異様にあざとカワイイ
*反面ジェンダー的にちょっとズレたエキセントリックさも兼ね備えたキャラ
*名前の読みが緑輝と書いて「サファイア」とリボンの騎士を連想させる
*出身中学が私立の女子校なのになぜか内部進学せず公立高校に進学してきた
*第6話でも「人は変われる!」という趣旨を力説

 BL150609eupho21.JPG

 ……あたりが非常にアヤシイと思わない?」

「そ、そうなの? あいかわらずミサキは、そういうの鋭いんだねー;」

 BL150609eupho22.JPG

「他にも4話の《体育会吹奏楽部》のシーンでの走るのが遅い描写のところも、何か引っかかるものを感じさせる。

 BL150609eupho23.jpg

5話の身体測定では、しれっと女子に混じってるので、素直に見ればコレで男の娘説は否定だけど、でもボクの勘はこの場面にも何か違和感をアピールするのだよ。例えば緑輝ちゃんだけが、なぜかジャージの下を履いてないとか。

 BL150609eupho24.JPG

しかもこのシーンには緑輝ちゃんの胸ぺったんこを明示する機能もあって、よく見ると、このぺったんこ具合は胸が大きくないことを気にしている主人公・黄前久美子よりもさらにぺったんこ。まさにプリパラのレオナも驚くレベル

「プリパラって、最初に話したやつだよね」

「そうそう。あのボクっ娘・ドロシーの双子の《弟》レオナが、リアル2015年の日本語で言うところのいわゆる男の娘で、そのこと自体は何の問題もないこととしてアッサリ認められてる」

 BL150609eupho26.JPG

「リアル2015年ってスゴイんだなぁ」

「プリパラのレオナも画期的だけど、あれだけだと点が線になった止まり。ここで響けユーフォニアムの川島緑輝ちゃんが男の娘!となったら線が面になる。現実にはまだまだ偏見もある中ではゼヒやるべき!!」

「……気持ちはわかるけど、原作を全部読むと、どうやら違うみたいだよ、《川島緑輝チャン男の娘説》」

「アニメオリジナルの設定でもよいので、さらっと入れてくれないものかねぇ……。もちろん話の本筋にはガッツリ絡めなくていいから」

「でも、その事実の発覚回の冒頭5分くらいで、理由は《こっちのほうが自然でありのままの自分だと思うから》くらいだけで、みんなとっとと納得して次の課題に移るといったプリパラ18話メソッドは、ちょっと人類には早すぎる描き方だから、なかなかハードル高いヨ」

「だいいちボクたちだって、そうはなっていないわけで(^^ゞ」

「まぁねー; でもちょっと残念。ソコがそうなっててこそ、真のリアル2015年クォリティだと思ったんだけど」

「そのあたりは今後の現実世界の課題でしょうかね」

「たしかに……」

「あっ、課題といえば……」

「そうだ。中間テストの復習問題、来週の三者懇談までに提出だったわね」

「ゲゲっ! そーゆーところって『響け!ユーフォニアム』が、もうゼンゼン他人事じゃないんだった
((;゚Д゚)))」

「……というわけで、それでは皆様」

「またいつか」

「お会いしましょう(^^)ノ」


◇◇



  

  

  

  

  

  

  ~  §全7巻§


◇◇


佐倉満咲、中学を卒業&高校に入学する [今週の佐倉満咲]

さて、昨年度は中学3年生として高校受験に取り組んでいた我が娘・佐倉満咲さんですが、3月には無事に中学校を卒業、入試もなんとかクリアしたので、4月には大阪府立のとある高校に入学、6月となった現在ではつつがなく女子高校生ライフを満喫されております。

いわば「合格戦隊ジュケンジャー」の戦いはすべて終わり、新番組「高校生活戦隊セイシュンジャー」がスタートしたわけです。
ぃや~、楽しそうでイイなぁ(*^_^*)
……あ、ただし再来年の戦隊は「大学入試戦隊ゴウカクジャー」だから;


卒業式や入学式にまつわるモロモロの事柄については、小学校や中学校のときと共通する部分も多いので、そのあたりは当時の記事から類推していただくとして……
(その他、佐倉満咲がかかわる話題は「今週の佐倉満咲」カテゴリや、PC用サイト表示でサイドバーのプログ内検索ボックスから【 満咲 】などで絞り込むと、いろいろ出てきます)

 → 佐倉満咲、中学校に入学する

 → 佐倉満咲、小学校を卒業する

 → ★入学式には誰が行く?

 → ★今週の佐倉満咲・新生活もGoGo!?


……今般の中学校の卒業式では、1点だけ、あらためて引っかかった件がありました。

それは卒業式会場における在校生の着席順
先に保護者席に着席した私たちに続いて、入場してきた在校生たちが、見ると、なぜか男女別に整然と分かれて着席していきます。

もちろん出席簿は男女混合名簿のはず。

はて……!?!?

ギモンは式の中盤に解明されました。
そう、在校生たちが歌う「卒業生を送る歌」、これが混声合唱だったのです。

なるほど。
混声合唱に際して、着席順がパートごとに揃わずにバラバラだと、たしかに歌いにくかろう!

つまり決して「男女別」に座っていたのではなく、あくまでも混声合唱のパート別の着席順だという建前だったのです。

ん~む、というわけで、これについてはやむをえないのですかねー、やはり……。

むろん、それが事実上は「男女別」とイコールになってしまいがちなわけで、意外と見落とされがちな学校トランスジェンダー問題、ひいては学校ジェンダー問題のひとつと訴えることは重要です。

願わくは、中学・高校などでの合唱指導におけるパート分けは「男女」と固定的に紐付けるのではなく、個々の生徒の、本人の希望、および適性(この場合は声域?)にしたがって、柔軟に対応するようになっていってほしいものです。

 →【参考】試しに少し検索したら出てきた記事
  声とジェンダーを考える/音楽・女性・ジェンダー 小林緑


そうしてやがて桜の花の咲くなかで、高校の入学式も済むと、満咲は「明日のホームルームで自己紹介、どないしょう?」などと、マジ半分ネタ半分で緊張している旨を口にしたりします。

「『ただの人間には興味ありません。この中にレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーがいたら、ボクのところに来なさい。以上!』………で行くんやなかったっけ? w」

「……涼宮ハルヒかいっ!!」

というような心あたたまる親子の会話(!?)も経て、結局は、その翌日の自己紹介のホームルームも大きなトラブルなく終え、その後も部活見学や何やら、順調な進行のうちに、高校生活は滞りなくスタートがきれたようです。

あ、親のほうも、恒例PTAのクラス役員決めの厳正なる抽せん、とりあえず今年度は外れました;

当たったら当たったで、もう「戸籍上はお父さんなお母さん」で行こうとは思っていたのですがね(^^ゞ。

満咲のほうも、そのあたりについては、高校からはあるていどオープンにしながら、最も日頃の説明が面倒ではない落としどころを調整するつもりでいるようです。


その後は、部活選びも、中学よりも部活のラインナップが豊富な分、いろいろ仮入部の行き甲斐があったようですし、現在では遠足や体育祭も経て、ノリノリでご満悦な日々である模様。
ただ、中間テストの結果を受けて、ちょいと勉強のほうは気になるようですがね。
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

ちなみに近日「三者懇談会」もあるので、そこでは成績の話題に先駆けて、

「あっ、お母様ですね」

「えぇーと、戸籍上は父にあたります(^^ゞ」

……という会話もおこなわれる予定です、たぶん(^o^;)。


そんなわけで、いよいよ「今週の佐倉満咲・高校編」に突入したわけですが、「中学編」に引き続き、ネタ自体は豊富に供給されたとしても、本人や周辺の人物のプライバシー・個人情報に配慮して、このブログで公開することがかなわないことも多々あるやもしれません。
その点、今後ともあしからずご了承のほど、お願いいたします。

ツイッターでの小ネタの小出しは、こちらも引き続きおこなっておりますので、よろしければそちらも適宜チェックしてください。
 ツイログを【娘】【満咲】などで絞り込むのもよいかも

はてさて、いよいよ本当に女子高校生になった『女子高生になれなかった少年』の娘」
この現実の西暦2015年度に、いったいどんな「リアル『1999年の子どもたち』物語」を紡いでいってくれるのでしょうか。

初出が10年あまり前の西暦2015年度が舞台の小説『1999年の子どもたち』では、高校生になった作者の娘という設定の架空のキャラとして、現実より一足早く高校生になっていた佐倉満咲さんであります(^^ゞ


  


◎ワケアリな事情は申告すればよろし(^^)ノ
入学にあたっての学校への提出書類はいろいろあるわけですが、大阪府立高校ではこういう個人の事情を伝える用紙も取り入れられているので、これなら例えば性別違和にかかわる事項がある場合などにも、相談するきっかけに使えたりするのではないでしょうか。
もっともコノ箇所は保護者が記入するところなので、本人と保護者がきちんと連携できる関係でなければなりませんが。
(ちなみにウチの場合、これとは別の「家庭状況票」みたいなほうで、父親がワケアリな旨はサラっと記述しておきました)

 BL150607-MHS_1ent.JPG


◎教科書に「ジェンダー」の語
4月の当初に買い揃えた教科書や副教材の類を早速チェックしてみたところ、今どきは社会や家庭科のそれらにおいては当然に「男女共同参画社会」などの語は出てきますし、「ジェンダー」についても説明が載ってます。
同性愛」「性同一性障害」などについても、そうした基本線からは逸脱しない用語に立脚した簡潔な説明ではあるものの、多様な性のあり方を前提にしていく方向で記述されていましたので、ある意味やはり時代は進んだと言うべきでしょう。
あと、その後あるていど授業が進んだある日、家庭科では、いわゆる「将来結婚して家庭を持つのに備えて」みたいなテーマの授業があったらしいのですが、満咲によると、その授業での担当の先生の言い回しが、終始「人生を共にするパートナーとの一緒に同居する共同生活」のような感じで統一され、決して「結婚」とは形容されなかったらしいのです。
なんと多様な家族のありように配慮した仕様の表現!
「よくわかった先生」だったということのようです。


◎かたや「男女」を重用する教材もやっぱりある;
しかし一方では各種教材の中で「男女」はまだまだ幅をきかせています。
例えば数学の問題集の「順列と組み合わせ」での例題解説では、以下のように因習的に重用されていたりします。

 BL150607-MHS_2mt1.jpg

 BL150607-MHS_3mt2.jpg

まぁ長年の伝統だし(!?)、男女二元的な「性別」観にギモンを持っていない生徒にはわかりやすい事例ということで十歩譲るのもいたしかたないかもしれませんが、いゃぃやソレでもこの[基本32]の問題、コレって「男女」はゼンゼン関係ないやろ!?
(この条件だとつまるところ単に「9人が」にすぎないのでは)


◎生活指導の先生とソリが悪そう(^^ゞ
そして満咲が言うには「いゃー悪い先生やないねんけど、生活指導の先生、なんかちょっと苦手やわぁ」とのこと。
どうやら、その先生なりにキチンと生徒に愛情を持ってメリハリのある指導を熱心にしてくれているようなのですが、どうしてもその先生の視点からの最善が尽くされる中で、いささか生徒たちのニーズとの乖離もあるようなのです。例えて言えば「ロッテンマイヤーさん」タイプなのでしょうか。
そんなわけなので、保護者向けの説明会のおりに、あらためて様子を窺ってみると、なるほど、どことなく「男は男らしく、女は女らしく」オーラが出ているようにも見受けられなくはありません。
(一般論として、いわゆる教職員研修会などで「今までLGBTの人には会ったことがなかったので(今日のお話は新鮮で有意義でした)」というような感想を述べられるタイプの方は、そこはかとなく「男は男らしく、女は女らしく」オーラを醸しだしておられることが多いのですが、それはすなわち先生がそういうオーラを出してはるからカミングアウトしてもらえないだけだったりします。実際、逆にカミングアウトされやすい先生は、複数のセクシュアルマイノリティ生徒からカミングアウトされて相談に乗ることになっていたりしがちです)
まぁ、そのあたりは今後の研修に励んでいただくとして、現時点でそういう感じの先生と満咲のソリの合い加減が芳しくないというのは、やはり必然なのでしょうか。

◇◇


「………で、結局、今のところは明らかな『セクマイ事案』はないんかぁ」

「ないな~。(性的少数者は人口の)5%比率で言えばクラスに2人はおるはずやけど、でもまぁ、まだこの時期やとカミングアウト等々には至ってない可能性も高いしナ……」

「そーかー、となるとやっぱ何かあるとしたらこの先かぁ。まぁソノときは無理のない範囲でできることしたってやれ」

「……いっそのこと今のうちに、何かレインボーグッズ身に付けていって、さりげなくアピールする?(^o^;) たしかバッジとアームバンド余ってたやろ」

「エェけど、アクセサリーは校則で禁止やなかったっけ」

「せやな。生指の先生に説明すんのも面倒そうや;」

「没収されたりしたらつまらんしナ」

「…………でな、没収された後(説教と引き換えに返却ということで)生徒相談室に呼び出されてビビって行ってみたら、先生から『じつは先生、ずっと前から密かに悩んでて……』みたいに逆に相談されたりしてナ w(^o^;)ノ」

「(゚∀゚)(その発想はなかった!)」
※発想がなかったのは「逆に相談される」という点。前述の5%比率で考えると教職員の中にも複数のセクシュアルマイノリティが当然に含まれるのは言うまでもありません


……そんなこんなで、リアル『1999年の子どもたち』生活は、小説版の中のようなガチなセクマイ事案は今のところないようですが、すでに満咲なりの感性で周囲のジェンダー観念・セクシュアリティ観念を耕していってるようです。

結果として満咲の周辺は、そのスジの意識がかなりフレキシブルとなり、例えばクラスの人間関係なども、比較的性別での分断度が少ない、いわゆる男女ともども仲のよいクラスになっているらしいです。

もとより今どきの高校生たちの感性は、思った以上に柔軟で、「恋愛は男女………でなくても、べつによい」をはじめとして、ジェンダーやセクシュアリティにかかわる規範意識は、みんなかなり緩やかな様子。
やはり今どきの若い子たちは侮れないゾ (^^)v


「……でな、鮎原光太郎(仮名)が、めっちゃオモロイねん」

「誰、それ??」

「今となりの席の男子。なんか波長が合ぅて、エネルギー使わんといろいろしゃべれる奴やねん」」

「ほほぅ……」

なるほど、「恋愛は男女で」+「男女なら恋愛で」の呪いのかかり具合が相当に軽い我が娘・満咲にあっては、クラスメートの男子生徒とも、ほぼ女子相手なのとシームレスに、気軽に話せる間柄の相手が少なくないのでしょう。

で、中でも特に相性が良いのか気軽に話せるという、その鮎原光太郎のキャラを満咲が語るところを要約すると、出席番号1番で、適度にノリがよく明るくひょうきんで、顔は四捨五入すると三枚目ながら、人格的には草食系の根は誠実なイケメン……とのこと。

「あぁ、こいつや、コイツ」

そうしてスマホの画面を示してくれたところ、なるほど、画像にはそれっぽい男子生徒が。

…………。

しかし、この鮎原光太郎、画像も含めた上述のプロフィールに、心なしか既視感があるキャラです。

はて?

こういう奴、どっかにいたよなぁ、誰だろう……!?

しばし考えた後、ワタシはハタと思い至りました。

「……こいつ、アレやん。この光太郎のキャラって、『1999年の子どもたち』に出てくる青木太陽クンやん!」

「あっ、ホンマやな」

どうやら鮎原光太郎クンは、佐倉満咲さんの高校生活小説版においてクラスメートでフランクに懇意な関係になる青木太陽クンに相当するポジションの登場人物であるようです。

満咲も、なるほどとばかりに得心がいった模様。

ここまで、「遠足でクラスみんな仲良くなってご満悦」「体育祭も盛り上がって準優勝」といった要素については、順次小説版と同様の展開を回収済みにしてきた「リアル満咲さんの高校生活」ですが、なんのことはない、登場キャラクターにおいても着実に小説版をトレースしているのではないですか!

となると、やはりこの先、事実は小説よりも奇なりな事象が発生する可能性から、どうやら目は離せないようであります。



  ~  §全7巻§