So-net無料ブログ作成

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「LGBT」「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などはお知らせブログにて

阪神淡路大震災20周年 [その他雑感つぶやき]

明日は1月17日。
早いもので、あの阪神淡路大震災から20年がたとうとしています。

1995年当時というのは、ある意味 私がいちばん壊れていた時期で、男性としての生活が どうしようもなく煮詰まって、身動きがとれなくなっていたころにあたります。

阪神淡路大震災は、そんな自分の「男性として生きる枠組み」自体に決定的な亀裂が入り始める、その象徴的な出来事でもありました。

拙著『明るいトランスジェンダー生活』の冒頭が、この阪神淡路大震災から始まるのは、そういう理由でもあります。

 


そして、あれから20年。

私自身は日々の生活はすっかり女性として送るようになりました。

一方で、この間には東日本大震災などもあり、世の中全般における防災への関心などは、ますます高まっているといえるでしょう。

国も地方レベルでも、行政によるさまざまな取り組みはあります。
そして、人々が居住する各々の地区ごとの住民自治会などでも、それぞれの実態に応じた防災プランが立案され、訓練なども折にふれ実施されているのではないでしょうか。

ただ、そうした現場で、セクシュアルマイノリティの存在が、どのくらい念頭に置かれているかというと、まだまだ不十分であるようにも思えます。

東日本大震災の際にも……

  大災害と非常時弱者

  避難所のセクシュアルマイノリティ問題が進展

……のように述べましたが、こうしたことがいずれの災害現場でも顧みられるようになってほしいと、切に願います。

特に、包括的な行政レベルでセクシュアルマイノリティの存在が意識されることも重要ですが、やはり実際の避難所の運営などに直接的に反映されるであろう、各地区の住民自治会レベルでの対応も非常に重要となるでしょう。

いわゆる「20人に1人」比率を適用すれば、「自治会」規模の人口の中にも、少なく見積もっても数人の、何らかのセクシュアルマイノリティが住民に含まれることになります。

住民を必ずしも「女」か「男」のいずれかに単純に二分することはできない――そういう認識を、ぜひとも日々の生活を送る地域社会においても ひとりひとりが持つようにしたいものです。


◎とはいうものの、ワタシ自身、実際に長年居住している地元の住民自治会への明示的なカミングアウトというのは、なかなかハードルが高くて後手に回っています。このあたりは継続的な課題ということになりますね。
逆に、その意味でも、当事者による申告を待つことなく誰かが気づくことが大切だということにはなるでしょう。


 

 


いきものがかり「春」に『M教師学園』巻末は【百合】だと叫ぶ [多様なセクシュアリティ]

いきものがかりのニューアルバム『FUN! FUN! FANFARE!』がリリースされました。

の「なんで」のようにかなり明示的にも読めるナンバーはなかったものの、恋愛がテーマの前面に出てくる楽曲であっても「異性愛にしか聞こえない」度は引き続きすこぶる低い(4曲目「キラリ」なんて映画『アオハライド』とのタイアップとのことなのに知らずに聞けばぜんぜんそんな感じがしない!)安心安定のクォリティです。

 BL150115IkimonoF.jpg
 ※FUN! FUN! FANFARE! CDジャケットより


今や紅白歌合戦の常連でもある国民的歌手(嵐のようなジャニーズやAKB系列などのアイドルを除けば、まさに「日本を代表する」!?)として、聴く人を選ぶような尖った要素は削ぎ、耳あたりの良い作風に配慮しつつも、それでいて多数派の価値規準に安易におもねた商品にはしておらず、聴く人の心にさまざまなアプローチで迫ってくる作品づくりは、さすがと言うべきでしょう。


そんな『FUN! FUN! FANFARE!』、7曲目の「春」(作詞:水野良樹)を聴いて私は「おぉっ!?」となりました。

こ、これは……

ワタシの小説『M教師学園の巻末のサイドストーリー青い春のマチュリティ主題歌にするのにピッタリの内容じゃん!!

  (^^ゞ

 BL150115IkimonoF-Ly.jpg
 ※FUN! FUN! FANFARE! ライナーノートより


拙著『M教師学園』の本編のほうは、異性愛に囚われた男性主人公らが既存の恋愛ルールやジェンダー規範の中でジタバタする(ことの描写をとおして、そういうモノの理不尽さ、バカバカしさを再考する)お話なので、ほとんど「百合」要素などはない(そのかわり主人公・靖彦センセイの苗字が「百合」ですが;あと「男子になりたい女子生徒」などはキーパーソンとして登場します)のですが、この巻末のサイドストーリー「青い春のマチュリティ」は、本編での重要キャラ垣上碧集(かきうえあおい)センセイをメインに据えた「外伝」で、じつはかなり百合百合しい物語なのです。

時系列的には本編がはじまる直前の春休み期間中に、職員室のデスクを整理していた碧集先生が、自分の在学中は頼れるお姉さんのような先生として、自分も同じ学校の教師になってからは信頼できる先輩教員として慕っていた晴海暖芳(はるみのどか)先生との出来事を回想するというつくり。

で、まぁ、この暖芳×碧集のさまざまなエピソードというのが、なかなか微妙な距離感の関係性で………なわけです。ユリユリ~(*^_^*)

そして、このいきものがかり「春」は、そんな碧集さんが、その春休みの職員室で暖芳さんのことを思い返す気持ち、まさにそのまんまという感じになっているではありませんか!
(あんまり言うとネタバレになっちゃいますが、この際まぁイイか(^^;))

執筆中の作者イメージトレーニングには、暫定的に GARNET CROW の「夢みたあとで」をヘビロテしてたんですが(その後、石野田奈津代の「春空」が、逆に暖芳視点で碧集を想う歌に聞こえるというのもあったけど)、執筆当時からこの歌があればよりピッタリ上手くハマったのになぁ……。


   

  


ともあれ、この例のように「百合解釈」にも余裕で対応してくれる、いきものがかりの楽曲群には感謝の限りであります。

この観点からも、もっと評価されるべきと願うところです。


◎ちなみに(前にも言いましたが)日頃から「百合解釈」で聴いている楽曲のPVをたまたまネットで見かけて再生してみると、いきなりドドォォーンと異性愛カップルが登場して激しくショックを受ける……というような事案は相応の頻度で発生しがちです。
できれば「【閲覧注意!】ヘテロ描写アリ!!」くらい書いといてほしいものです。
(冗談です(^_^;))
……じつはさっき、上述の石野田奈津代「春空」について念のため検索した際、出てきたPVをちょっと見てみたらまさにこのインシデント発生で、ものすごく地雷だったところなのです。
そういえば以前に熊木杏里の「Love letter ~桜~」でも同じようなことがあったなぁ;

 


「性別は変えられる」ふたたび [多様なセクシュアリティ]

クルマを運転していると、車両に不測のトラブルが起きることもあります。
タイヤのパンク、バッテリー上がり、キーの閉じ込み……。

そんなときに頼りになるのがロードサービスです。
中でも日本自動車連盟、いわゆる「JAF

最近は自動車保険にロードサービスも無料で付帯されることは珍しくありませんが、やはりこのJAFの会員になっておくことにもメリットは少なくありません。

 日本自動車連盟「JAF」公式サイト


なお、JAFも最近はスマートフォンの専用アプリも用意している(いざロードサービスを呼ぼうという際にGPSによる現場の位置情報を送信できたりする機能は、かなり有用にちがいありません)くらいで、インターネットとの連携サービスにも力を入れており、会員になってwebで登録を済ませると、会員ひとりひとりの「マイページ」にもログインできるようになっています。

で、この「マイページ」では、各種の資料請求や、キャンペーンの応募に便宜が図られている他、会員としての登録情報の変更手続きなどもできるようになっています。

この先、春は引越しシーズンだったりしますので、住所変更なども、こうした「マイページ」からサクっとできてしまえるのは簡便でなかなかよいことです。

そしてこのJAFマイページでの会員登録情報変更手続きなのですが………


 BL150113JAF.JPG


な、なんと!

引越しにともなう住所や電話番号などの変更届けとま~ったく同様に、性別も変更できます。

性別も変更できるのです!!

性別の変更もできちゃうのです!

………大事なことなので3回言いました(^^ゞ


たしかに、「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律(いわゆる「特例法」)だって、できてから早10年以上
人生の途中で性別が変わる人なんているわけがない……という世間一般の認識は、いちおうは過去のものになりました。

しかし、だからといって、ここまで手軽なノリで性別変更が受け付けてもらえるなんて、世の中の他の守旧的な事案と引き比べると、先進的すぎて、ちょっとビックリです。

ちなみに何らかの公的な書類提出も不要(なにしろwebでサクっとできるわけなので)
自己申告のみでアッサリとできます。

こうしたJAFマイページの仕様は、やっぱりある意味スゴイと言ってよいでしょう。


まぁJAFとしてはロードサービスに呼ばれて行った出動先で依頼者を見つけるにあたって、会員情報上の性別がその人の生活上の性別と一致しているほうがややこしくないわけです。

会員登録上の「男性」からの出動依頼で現場に行ったのに、いくら探しても「男性」が見当たらないなんてことは、ないにこしたことはないのです。

そう考えると性別情報の登録変更も敷居を下げておくほうが合理的なのは当然です。

JAFが活動するフィールドというのも、つまりは、そういう判断に至る現場のひとつなのでしょう。


ただ、このJAFマイページにあっても、「性別」を「男」か「女」の2種類から選ばないといけないという問題は別口で存在しています。

これはこれで重大で深刻なものですが、とりあえずそれはまた別のお話。


※記事タイトル中の「ふたたび」は、以前の近所の電気屋で性別を変えるための器具が売られていた話を受けたもの。
また、それ以前にもネット上の登録情報における性別変更にかんして楽天のキャンペーンについてとりあげたこともあります。