So-net無料ブログ作成
検索選択

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などはお知らせブログにて

わかりやすくないと性の多様性は理解され得ないのか? [多様なセクシュアリティ]

先日紹介したアニメ『プリパラ』に登場するレオナ・ウェストちゃんですが、その後もつつがなく女の子のアイドルとしてライブ活動を続けています。
(以下、画像は放送配信画面よりキャプチャ)

 BL150119priparaL01.JPG


作中では、18話の冒頭以降はさしたる説明もなく、「いゃ、レオナはこういう子だから。何か問題ある?」とでも言わんばかりのスタンスで粛々とストーリーが進行し、レオナの性別については半ば忘れられがちな設定のひとつとなっています。

これはすなわち、私が講演などでも強く訴えているところの「性別よりも前に、ありのままのその人が、ごくフツーに受け入れられ認め合えている世界」がまさに体現されているわけで、じつにすばらしいことだと言えます。

 BL150119priparaL03.JPG


そんなレオナを、幼児雑誌では(性別の件が明らかにされた18話の後のタイミングで)なんと「かわいすぎる男の子」というキャプションで紹介したとのこと。


_人人人人人人人人人人_
> かわいすぎる男の子! <
 ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

………ち、ちょっと、意味わかんないんですけど
 ( ゚д゚;)ポカーン

ぃや、マジなところ意味はわかりますが、ソノ言い回しが、そんなにも臆面なく肯定的に使用されたのは、初めて見た気がします。

※これはある意味、自分自身が幼少のころ「かわいすぎる男の子」であり、それが当時は周囲から「男のくせに」と否定的にしか評価されず、ゆえになんとかもっと男らしいかわいすぎない男の子になろうと自分の心を偽ってあがきながら大人になるしかなかったワタシとしては、ものすごく溜飲が下がる思いでもあります(詳しくは『女が少年だったころ明るいトランスジェンダー生活など参照)

またwikipediaでも、レオナの性別の件については深入りせずにストイックな記述になってるのはなかなか良いことでしょう。

結論から言って、ごく自然に(「性同一性障害という病気」のような特例的な意味付けナシに)トランスジェンダルな登場人物がさらっと登場し、それがフツーのこととしてごく自然に振る舞っているところなど、今のところアニメ『プリパラ』のレオナ・ウェストは、メジャーな領域のコンテンツ内ではトランスジェンダー描写の最前線と言えると思います。


そんなアニメ『プリパラ』内でのレオナにかかわる描写、以下少し特に注目したい点を挙げておきましょう。


 BL150119priparaL05.JPG

例えば、レオナが組んでいるユニット「ドレッシングパフェ」の3人は、画像中央のシオン竹を割ったような性格のイケメン女子、画像右のレオナの姉・ドロシーもイケイケな性格のボクっ娘で、そんな中で最も「女の子らしい」という世間一般のイメージに適合するキャラがレオナだというのは、設定の捻りとしてはまずは第一段階でしょう(捻りというより、むしろ常套な気もしないではないですが)。

アクの強いキャラである2人の間にレオナが入ることで、「ドレッシングパフェ」というユニットが絶妙のバランスで成立しているというのは、それぞれの(男だ女だといった属性以前に)異なる個性が互いに尊重されながら調和することの貴さを教えてくれています。


次に、「ドレッシングパフェ」のいわばライバルチームである「そらみスマイル」のメンバーのひとり北条そふぃは、メンバーの中での立ち位置がレオナとちょうど照応するキャラなのですが、このそふぃとレオナの間に、何やら順調にフラグが進展し、このところ俄然 関係性が深まってきています。

 BL150119priparaL11.JPG
  (18話)

 BL150119priparaL12.JPG
  (24話の両ユニット合同ライブで)


ぉおーっ、「キマシタワー」っ!

思わず百合萌えしたくなる展開です。

あー、でも、ちがうちがう!

この人たち「男女カップル」に該当するのでした(^^ゞ

……ただ、こんなふうに、一瞬「百合」だと思ってしまう、その「一瞬」こそが社会的には効力を有しているというのも真理です。

ではその2人を「男女カップル」とする基準はいったいどこにあり、そもそも「女」「男」の定義は何だ?? …という疑問を想起させるだけの力が、つまり、このプリパラの描写は持っているのではないでしょうか。

非常に丁寧で巧いつくりを、ここでも『プリパラ』はしていると思います。

今後2人の関係が、どのように進展していくのかはまだわかりませんが、仮に「男女の」「恋愛関係」になっていくのだとしたら、レオナのような「女性的な男性」の恋愛対象が男性ではなく女性である――そういうこともあるんだ……ということがキッチリ描かれたということにもなるでしょうから、その点でも画期的です。

もちろん「あ、レオナは恋愛対象が女の子なのか。じゃあレオナはやっぱり男の子なんだな」みたいな短絡的な理解はするべきでないのは言うまでもありません。
自分がどうありたいかと、恋愛対象がどんな人かは、まったく独立した別個の事象です。

実際にはこの先、レオナとそふぃの関係は、おそらく明示的な恋愛関係というよりは、そういう要素も包含した親密な友情のように描かれていくのではないかと予測されますし、私としてもそのように期待はするところです。

そうして「そもそも恋愛と友情の境目って何だろう? 両者の本質的な違いってあるの!?」といった疑問さえ視聴者に想起させることを制作側は企図しているのではないかと思います。

いわば視聴者が持っている、「異性間だったら恋愛・同性間だったら友情」などといった硬直した固定観念を、異性/同性」という概念ごと、サイリウムチェ~ンジ! してしまおうという狙いが、特にこのレオナ×そふぃの関係描写にはあるのではないでしょうか。


そして第27話。
ここではじめて「レオナがじつは男の子」という設定を使った小ネタが挟まれます。

この回では、メイン主人公であり「そらみスマイル」の主軸メンバーである真中らぁらちゃんが風邪をひいてしまい、みんながお見舞いに来るという場面があります。

そのとき、らぁらの発汗が激しいことを気にかけたレオナは、らぁらの身体の汗を拭いてあげるという行動に出ます。

そんな細やかな気遣いが自然にできるレオナの優しさに、一同はあらためて感心する

 □BL150119priparaL23.jpg


……のですが、

いや、ちょっと待て!

 □BL150119priparaL24.jpg


そういえばレオナって………!?

 □BL150119priparaL25.jpg


慌てて止めに入る2人の「常識人」(*^_^*)
※ちなみにコノ場面で上述のそふぃは眠りの世界に入ってしまっているので、この「レオナがじつは男の子」であることを皆が再確認するシークエンスには参加していないということになります。この先へ向けてのどういう仕込みなのでしょうか?

 □BL150119priparaL26.jpg


この一連のくだりを見るに、どうやらレオナ本人は基本的に「素」でやってます。
また周りも普段はレオナが男だとかどうとかはまるっきり忘れてると見受けられます。

で、ワンテンポ遅れてようやく気づき、世間一般の「常識」と照らし合わせたら問題じゃん……と(^^ゞ

要は、自分たちの感覚に基づくならぜんぜんOKなことと「世間一般の常識」が衝突したために、場にいた比較的「常識人」な役回りのキャラが「常識的」な行動に出たという、そういうシーンなんだと言えます。

つまり、この『プリパラ』の世界では、レオナはあくまでも性別をめぐる自己のありように対して深く意識せずに自然体でいるし、周囲も普段はそれをまったくあたりまえのことと受けとめて、日常の社会関係が営まれてるという様子が、はしなくもこのシーンに表れています。

本当に「性別よりも、ありのままのその人を認め合える」が実践されているわけですね。

逆に言えば、現実世界で「性同一性障害」などによるトランスジェンダーな人がいる場合に、周囲がどう対応したらよいのかのヒントもここにあります。

常日頃はプリパラアニメ内のように、ソレが当たり前のこととしてごくフツーに「ありのまま」を受けとめてもらえれば、いちばんラクなのです。

ただ、トランスジェンダーの存在は、この社会の男女二元的な「世間一般の常識」とは往々にして摩擦が生じます。
そんな個別の局面は、具体的なケースごとに、みんなで考えて知恵を出し合ってウマい折り合いの付け方を見つけていくしかない。
そういうことですね。
(プリパラアニメ内の上述の事例も、いわば最善ではないにしても緊急避難的にひとつの「折り合い」を求めた行動だったということになるでしょう)

あと『プリパラ』アニメにおいては、上記のシーンは、(もしかしたら今後の展開の中ではレオナの性別をめぐってのクリティカルなエピソードが描かれる、そこへ向けての仕込みのひとつな可能性もありますが)あくまでもこの回のお話の本筋には関わらない短い挿話となっています。
例えば1983年にアニメ化された『ストップひばりくん』が、いわば全編がこの種のネタを主軸に組み立てられていた「ラブコメ」なのとは、まさに対照的なのではないでしょうか。(いうなれば、『ひばりくん』などでは「こんなにカワイイ子がじつは男!」という事実を視聴者と共有しギャグとして昇華するための描写が重ねられている――このメソッドは古い作品にかぎらず昨年アニメ化された『ひめゴト』でも採用されている、いわば「男の娘モノ」の定石――のに対し、『プリパラ』のこのシークエンスではレオナの性別のことを、むしろ「普段はみんな忘れてる」ことのほうを示す意図があったのでは?)


 BL150119priparaL02.JPG

このように、アニメ『プリパラ』のレオナ・ウェストの性別にかかわる描写は、ごく自然でさりげなく、それが「普通」であり、原則として何も問題がないものとして進められています。

くり返しになりますが、これは、性の多様性が当たり前のものとして認められている様子が描かれているということであり、セクシュアリティにかかわるノーマライゼーションの究極形態に近いものが提示されているということでもあります。

土曜の朝の幼児向けアニメという枠組みの範疇を守りながら、ここまで先進的なトランスジェンダー描写を実現したアニメ『プリパラ』の手法は、高く評価されるべきだと私は思います。


   


ただ、こうした『プリパラ』のアプローチには欠点もあります。

なんといっても「わかりにくい」。

作中で、レオナの性別についてさしたる説明が何もない

にもかかわらず、
「でも、べつにレオナはレオナなんだから、コレでぜんぜんイイじゃん!」
……で済まされようとしているわけです。

いわば時代の数歩先を行くやり方です。

平均的な視聴者は理解できない危険性もあります
(それこそ、頭の柔らかい子どもなら、そのまま素直に受け入れても、いっしょに観ている親世代が「??」となりかねません)


では、どうするのか?

ちょうど、アニメ『プリパラ』18話の少し後に、TBS系列のドラマ『ごめんね青春』でも、「女の子になりたい男子生徒」をめぐるエピソードにフォーカスした回が放映されました。

このドラマは高校を舞台にした学園モノで、経営難のおり男子校と女子校が合併することになって……という、そもそもが制作側に相応のジェンダー関連の造詣の深さが必要な基本設定のものだったので、はたしてソコからさらに一歩踏み込んだ性的少数者というデリケートな問題まで扱って、本当に上手くまとまるのか!? という点で不安もありました。

ただ蓋を開けてみると、相応にしっかり取材され誠実に作られた内容に仕上がっており、2014年のテレビドラマとしては学校トランスジェンダーの問題に適切に迫ったものではありました。

とはいえ、件の「女の子になりたい男子生徒」については、「心と身体の性別が一致しない性同一性障害」なので「身体は男の子だけど、心は女の子」というような思い切り「わかりやすい」説明を採用。
この枠組みでトランスジェンダーを理解しようとすることは、多くの事柄を切り捨ててしまうのですが、現状ではゴールデンタイムのテレビドラマで取り上げるには、これが限界なのでしょう。

ドラマの全体像と見比べても、「男らしさ」「女らしさ」については、まずソレは存在するという前提で物語が組み立てられていて、「男らしさ」「女らしさ」ってそもそも何だろう、意味はあるのか? という問い直しが、平素からどのくらい意識して作劇されているのかについては、私見ながらいささか疑問符は付きました。

もちろん、たとえそうであってもゴールデンの高視聴率番組でセクシュアルマイノリティが取り上げられることに意義がある……というのも一理です。

また何より、「お茶の間」で予備知識なく視聴していた人にもわかりやすく、「病気」で「障害」なんだから偏見で差別してはいけない……と、とりあえず理解してもらうには最善の方策だというのも現実です。

理想ばかり掲げて現実を見ないのでは足もとを掬われます。

そう考えれば、このテレビドラマ『ごめんね青春』でのトランスジェンダー生徒の描き方こそが、時代の歩みと歩調を合わせた(もしかしたら「0.3歩先」くらい??)、平均的視聴者の理解のチャンネルにちょうどストライクな最適アプローチということにもなるのでしょう。

必要に応じて、このような「相手が受けやすいボール」を投げることも、ひとつ戦術としてはアリです。


しかし反面、この理解のされ方だと、あくまでも問題は性同一性障害者本人に帰属していて、周囲の「普通の人々」が強く内面化している男女二元的な性別観念(やソレに基づく異性愛主義)は微動だにせずに温存されてしまいかねないという問題もあります。

視聴者にとってはしょせん他人事
自分は「普通」。これはテレビの中のどこか遠い世界の話
かわいそうな「病気」の「障害者」への上から目線。
娯楽として消費して終わり……にもなりかねません。

社会をよりよく変革することを目指す戦略としては、これでは拙い。

現実にばかり囚われて理想を見失って何処にも辿り着けません


ところがプリパラのレオナの場合は、そういう「わかりやすい」説明が一切ないので、視聴者は不安となり、落ち着けなくなります。
……そう、「普通の人」である視聴者のほうが(←ココ重要)「不安」と「落ち着かなさ」の当事者となるのです。

そして…

「レオナって男? いゃそれとも女と言うべきなのか??」
  ↓
「でも、そうなると男とか女とか、いったい何を基準に言われてるの?」
  ↓
「結局レオナはいったいどういう存在なのだろう?」
  ↓
「そもそも男女でいろいろ違わないといけないのはなぜ!?
  ↓
性別で人の役割を分けることって妥当なの?」

…という具合に、視聴者の観念を激しく揺さぶり、以て社会のジェンダー構造自体を撹乱する効果が発生します。

これにより、セクシュアルマイノリティの存在も、「本人が普通でない人達なのだ」という位置付けから、社会全体の捉え方の問題として、社会の構成員全員で再考すべき案件に置き換わります。
それはやはり、すべての人がありのままに生きやすい社会につながることであり、意義は大きいはずです。

そしてそのあたり『プリパラ』制作陣は、かなりよくわかってコトを進めているようにも感じられます。


願わくは、近い将来において、こうしたトランスジェンダーなどセクシュアルマイノリティについての「わかりにくい説明」こそが理解されやすくなる、そういう日が来てほしいものです。


◎今般の『ごめんね青春』で、このテーマを扱う実写映像作品において、ひとつ従来は避けられがちだった画期的な点を言えば、「MtFの男子生徒」役に男性俳優を配役して描いたことでしょう
MtFもFtMも女性俳優なことが多い
「男性」のノンパス女装なんて「キモい」という反応がまだまだ卓越的かもしれない現状で、あるていど保守的な人でも嫌悪感なく見ることができる絶妙の線上で上手いこと映像化していたのは、やはりこの種の題材が扱われる前例も増えて、演出のノウハウが成熟してきた成果かもしれません(思えばあの『金八先生』からもう10年以上になります)
逆に、アニメというのは実写ではないゆえにこの問題からある程度は距離を置けることもあり、さすがの『プリパラ』も、レオナのビジュアルについては基本的にまったくの女の子として設定しており、現実のトランスジェンダーの見た目の(「パス」をめぐる)問題は今のところスルーしている形になっています。

 


阪神淡路大震災20周年 [その他雑感つぶやき]

明日は1月17日。
早いもので、あの阪神淡路大震災から20年がたとうとしています。

1995年当時というのは、ある意味 私がいちばん壊れていた時期で、男性としての生活が どうしようもなく煮詰まって、身動きがとれなくなっていたころにあたります。

阪神淡路大震災は、そんな自分の「男性として生きる枠組み」自体に決定的な亀裂が入り始める、その象徴的な出来事でもありました。

拙著『明るいトランスジェンダー生活』の冒頭が、この阪神淡路大震災から始まるのは、そういう理由でもあります。

 


そして、あれから20年。

私自身は日々の生活はすっかり女性として送るようになりました。

一方で、この間には東日本大震災などもあり、世の中全般における防災への関心などは、ますます高まっているといえるでしょう。

国も地方レベルでも、行政によるさまざまな取り組みはあります。
そして、人々が居住する各々の地区ごとの住民自治会などでも、それぞれの実態に応じた防災プランが立案され、訓練なども折にふれ実施されているのではないでしょうか。

ただ、そうした現場で、セクシュアルマイノリティの存在が、どのくらい念頭に置かれているかというと、まだまだ不十分であるようにも思えます。

東日本大震災の際にも……

  大災害と非常時弱者

  避難所のセクシュアルマイノリティ問題が進展

……のように述べましたが、こうしたことがいずれの災害現場でも顧みられるようになってほしいと、切に願います。

特に、包括的な行政レベルでセクシュアルマイノリティの存在が意識されることも重要ですが、やはり実際の避難所の運営などに直接的に反映されるであろう、各地区の住民自治会レベルでの対応も非常に重要となるでしょう。

いわゆる「20人に1人」比率を適用すれば、「自治会」規模の人口の中にも、少なく見積もっても数人の、何らかのセクシュアルマイノリティが住民に含まれることになります。

住民を必ずしも「女」か「男」のいずれかに単純に二分することはできない――そういう認識を、ぜひとも日々の生活を送る地域社会においても ひとりひとりが持つようにしたいものです。


◎とはいうものの、ワタシ自身、実際に長年居住している地元の住民自治会への明示的なカミングアウトというのは、なかなかハードルが高くて後手に回っています。このあたりは継続的な課題ということになりますね。
逆に、その意味でも、当事者による申告を待つことなく誰かが気づくことが大切だということにはなるでしょう。


 

 


いきものがかり「春」に『M教師学園』巻末は【百合】だと叫ぶ [多様なセクシュアリティ]

いきものがかりのニューアルバム『FUN! FUN! FANFARE!』がリリースされました。

の「なんで」のようにかなり明示的にも読めるナンバーはなかったものの、恋愛がテーマの前面に出てくる楽曲であっても「異性愛にしか聞こえない」度は引き続きすこぶる低い(4曲目「キラリ」なんて映画『アオハライド』とのタイアップとのことなのに知らずに聞けばぜんぜんそんな感じがしない!)安心安定のクォリティです。

 BL150115IkimonoF.jpg
 ※FUN! FUN! FANFARE! CDジャケットより


今や紅白歌合戦の常連でもある国民的歌手(嵐のようなジャニーズやAKB系列などのアイドルを除けば、まさに「日本を代表する」!?)として、聴く人を選ぶような尖った要素は削ぎ、耳あたりの良い作風に配慮しつつも、それでいて多数派の価値規準に安易におもねた商品にはしておらず、聴く人の心にさまざまなアプローチで迫ってくる作品づくりは、さすがと言うべきでしょう。


そんな『FUN! FUN! FANFARE!』、7曲目の「春」(作詞:水野良樹)を聴いて私は「おぉっ!?」となりました。

こ、これは……

ワタシの小説『M教師学園の巻末のサイドストーリー青い春のマチュリティ主題歌にするのにピッタリの内容じゃん!!

  (^^ゞ

 BL150115IkimonoF-Ly.jpg
 ※FUN! FUN! FANFARE! ライナーノートより


拙著『M教師学園』の本編のほうは、異性愛に囚われた男性主人公らが既存の恋愛ルールやジェンダー規範の中でジタバタする(ことの描写をとおして、そういうモノの理不尽さ、バカバカしさを再考する)お話なので、ほとんど「百合」要素などはない(そのかわり主人公・靖彦センセイの苗字が「百合」ですが;あと「男子になりたい女子生徒」などはキーパーソンとして登場します)のですが、この巻末のサイドストーリー「青い春のマチュリティ」は、本編での重要キャラ垣上碧集(かきうえあおい)センセイをメインに据えた「外伝」で、じつはかなり百合百合しい物語なのです。

時系列的には本編がはじまる直前の春休み期間中に、職員室のデスクを整理していた碧集先生が、自分の在学中は頼れるお姉さんのような先生として、自分も同じ学校の教師になってからは信頼できる先輩教員として慕っていた晴海暖芳(はるみのどか)先生との出来事を回想するというつくり。

で、まぁ、この暖芳×碧集のさまざまなエピソードというのが、なかなか微妙な距離感の関係性で………なわけです。ユリユリ~(*^_^*)

そして、このいきものがかり「春」は、そんな碧集さんが、その春休みの職員室で暖芳さんのことを思い返す気持ち、まさにそのまんまという感じになっているではありませんか!
(あんまり言うとネタバレになっちゃいますが、この際まぁイイか(^^;))

執筆中の作者イメージトレーニングには、暫定的に GARNET CROW の「夢みたあとで」をヘビロテしてたんですが(その後、石野田奈津代の「春空」が、逆に暖芳視点で碧集を想う歌に聞こえるというのもあったけど)、執筆当時からこの歌があればよりピッタリ上手くハマったのになぁ……。


   

  


ともあれ、この例のように「百合解釈」にも余裕で対応してくれる、いきものがかりの楽曲群には感謝の限りであります。

この観点からも、もっと評価されるべきと願うところです。


◎ちなみに(前にも言いましたが)日頃から「百合解釈」で聴いている楽曲のPVをたまたまネットで見かけて再生してみると、いきなりドドォォーンと異性愛カップルが登場して激しくショックを受ける……というような事案は相応の頻度で発生しがちです。
できれば「【閲覧注意!】ヘテロ描写アリ!!」くらい書いといてほしいものです。
(冗談です(^_^;))
……じつはさっき、上述の石野田奈津代「春空」について念のため検索した際、出てきたPVをちょっと見てみたらまさにこのインシデント発生で、ものすごく地雷だったところなのです。
そういえば以前に熊木杏里の「Love letter ~桜~」でも同じようなことがあったなぁ;