So-net無料ブログ作成

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「LGBT」「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などはお知らせブログにて

多様なセクシュアリティ ブログトップ
前の3件 | -

バレンタインデーは友情の迷宮2017 [多様なセクシュアリティ]

本日はバレンタインデー
これについては過去にも何回か言及してきました。






ちなみにこの2018年においても「Googleのバレンタインデーには性別がない」仕様は継続しているようです。
さすが Google、よくわかっていますネ。


で、我が娘・佐倉満咲さんについては、前記事のとおり受験でそれどころではなく、しかも高校3年生はこの時期には登校しなくてもよいということもあって、ある意味久しぶりにバレンタインデーにまつわるあれやこれやとは全く無縁の2月14日を過ごしてはったりするのです。

ただ、昨年をふり返ると、ツイッターにはこのようなことが記されています
(というわけで直接的にはネタは去年のものなので、タイトルの「2017」は間違いではないのですノ)


高校入学後の人間関係(の詳細はプライバシーに関わることなので公開できない内容が多いというか、そもそも本人からワタシに語られる時点でかなりフィルターにかけられている;)は、《「男女間の友情は成り立つか?」2015》でも書いたとおり、いわゆる男女を問わずのびのびと交友関係を広げることを基本としてきたようなのですが、その一方でどうしても「異性」であるがゆえに男の子との関係性が既存の恋愛コードに絡め取られて解釈されてしまうがゆえの面倒さがある……というのは、2年生になってからも継続していたようです。

しかも聞けば例の「小説版での青木太陽クン相当キャラ」である鮎原光太郎クンとはクラス替えなどもあって若干の距離を取らざるを得なくなったのに代わり、「2年生編の新キャラ」も登場していた模様。
推察するに、いわば「小説版外伝の5年生のときのクラスメート益平健人クン相当キャラ」っぽい雰囲気ですね。

ともあれ、人間関係が「男女」を基準に分断されてしまう現行ルールはやっぱりめんどくさい。
そんな中で、我が娘・佐倉満咲さんがこの先どのような実践をおこなっていくのか、引き続き見守りたいところですし、大いに興味深いところでもあります。


そして、そうは言っても近年は、この「友チョコ」なる概念の台頭によって、バレンタインデーのありようが総体的な変化を見せてきているのも注目に値するところでしょう。

今後ますます、男女間での恋の告白という因習を超克して、誰もが自由に誰かとの親密性を確認しあう企図をもってチョコレート等々を交換するイベントとして再構築されていけば、なかなかに素晴らしいことです。

人間関係が「男かそれとも女か・異性か同性か」で切り分けられる窮屈な世界観を変えるきっかけとして、むしろバレンタインデーが活かせるのだとしたら、それは真に「愛」の名に相応しいイベントになりえるのではないでしょうか。


………余談ながら、いわゆる「小説版・佐倉満咲さんの高校生活」ともされる『1999年の子どもたちですが、そのバレンタインデー編あたりを読み直すと、執筆した当時はまだ「友チョコ」概念は一般に把握されていなかったようですね;
2000年代初頭に考えていたよりも、現実の2015年度のほうがいろいろ進んでいたと評価できる部分があるということなので、けっこうスゴイことではないでしょうか。

この際なので小説『1999年の子どもたち』のバレンタインデー付近、以下に抄録しておきます。
(本記事の趣旨に見合うところだけ抜き出すと、結果的にすこぶる平和な雰囲気ですが、実際にはクリティカルな事件が起こるバレンタインデー編です。全文はゼヒ kindle版にてノ バレンタインデー編は第5巻。あと外伝の満咲さん小5編は第6巻です)


  


「ねぇミサキ、バレンタインデーって、ボク、チョコレートをあげないといけないほうだったんだっけ??」
むろん日本におけるバレンタインデーは、長らく「女性から男性へ、愛の告白の意味を込めてチョコレートを贈る日」とされてきた。近年は贈る物品の多様化や、いわゆる義理チョコの習慣の一般化、また女性自身が高級チョコなどで少し贅沢を楽しむような事例も増えるなど、その様相は変容しているものの、「女性から男性へ」という基本線は、なかなか崩れない。そんな中では、「人間には男と女がおり、男は女に、女は男に恋愛感情を抱くものである」という前提に当てはまらない者は、自分がはたして贈ってもらえる立場なのか、また自分が贈るとしたらいったい誰に対して贈るものなのかが、にわかにはわからなくなって、チョコの特設売場前を通るたびに頭を抱えることになってしまう。歩のように女性としてバレンタインデーを迎えるのが生まれてはじめてというケースでは、なおさらであろう。
驚きと戸惑いがあらためて入り交じったような歩の口調に、満咲は自戒を込めて苦笑すると、あっさりと答えた。
「まぁ、あげたい相手にはあげて、もらえるところからはもらっとけば?」
実際、去年などの満咲は、日ごろ仲よくしている友人たちに男女を問わず義理チョコを贈ったものである。
「そ、それでいいのかなぁ」
「いいって、いいって。……ボクからも軽くあげるヨ」
「う、うん……」
「あとまぁ、祥一や太陽のヤツとかは、いちおう世話になってるし、小っちゃいのでいいから用意しとくのが社交儀礼ってもんかな」
満咲の言い方はミもフタもないなと思いつつも、その内容の妥当性に歩は納得したのだった。
[中略]
翌週になると、教室の雰囲気も、いよいよバレンタインデーまでのカウントダウン体制になる。本命告白を企てている者もひとりならずいるのか、女子の間にはいつになくピリピリした気配も漂わぬではない。一方、男子の側からも、どこかそわそわした様子が伝わってきた。贈る側と贈られる側として、このようにクラスが“女子”か“男子”かで二分されてしまう状況を、満咲は見るともなく眺めながら、どこか釈然としない思いがした。
(なんだかなぁ……)
[中略]
翌日は12日の金曜日だったが、14日以前で平日はこの日までなため、学校は事実上バレンタインデーだった。
「佐~倉さん。コレあげるっ」
“満咲ファン”らしいクラスメートから、いくつかチョコレートをもらった満咲があらためて見渡すと、1年2組の女子は、けっこう屈託なく、女子どうしでのチョコの交換をおこなっていた。
「黒沢さん、文化祭でお世話になったお礼よ」
「えっ、いいの? ありがと……」
歩も、いっしょに大道具係をした女の子たちからチョコの包みを受け取って、まんざらでもない様子である。
「最近、体調よくないの? 気をつけてね」
「う、うん…………」
ただ、事情を詳しく知らないクラスメートの善意には、やや戸惑いぎみにうなずくしかない歩だった。
真理子はせっせと義理チョコを配っていたが、太陽へ渡す分はその中には含まれていないのだろう。その太陽や、祥一はというと、それなりに義理チョコが集まって、これまたご満悦の様子であった。
[中略]
こうして“実質バレンタインデー”の一日は過ぎた。
帰宅した満咲は、もらったチョコを整理するのに、ひとしきり時間を費やされることになった。理素奈や詩諳からのものも含めて、それらはけっこうな数にのぼっていた。
いくつかのラッピングを解いたとき、満咲はふいに思い出した。
(はじめてバレンタインにチョコをもらったのは、保育園の、あれは年少のときだったっけ……)
それは年少組の日々も残り少なくなった2月の半ばだった。同じコアラぐみのユミちゃんが、おもむろにスモックのポケットから何かを取り出すと、「ミサキちゃん、これあげる」と言ったのだ。満咲がよくわからないままに受け取ると、それは銀紙に包まれた一片のお菓子らしいものであった。ユミちゃんが、なぜ今日ことさらにお菓子をくれるのかが、いまひとつ納得できないまま、とりあえず「ありがとう」と言うと、満咲は家に帰ってから、この件を両親に報告した。
「そうか、今日はバレンタインデーだったっけ……」
「ミサちゃん、今日はね、好きな人にチョコレートをあげる日なのよ」
「ユミちゃんが自分の『好きな人は誰かな~?』って考えたときに、いちばんがミサキだったんだね」
「ミサちゃんが、ユミちゃんの好きな人だったんだね。よかったねー」
両親からそのような説明を受けると、満咲はなんだかうれしく、心があたたかくなったような気がしたものだ。
(あのころは無邪気だったねー……)


◇◇


コメント(0) 

20年後の未来が今 [多様なセクシュアリティ]

というわけで今年ももう9月も終わりです。

ちなみにこの2017年の9月というのは、ワタシが本格的に性別移行に取り組みはじめたときから、ちょうど20周年にあたるのですね。

まぁ、性別移行のどの時点からカウントするかで、いつが20周年になるかにも若干の幅はあります。
最初におそるおそるこっそり「女装外出」した夜なら1996年の6月なので、20周年は去年に済んでますし、逆にいちおうのフルタイム化が達成された時点であれば1999年の7月となり、こちらはまだもうちょい先となります。
なお、ワタシの場合は優先順位としてホルモンや性別適合手術といった身体改造は後回しだったので、これらはいまだ10年に満たないです。

さしあたり20年前の性別移行にまつわるあれこれは、こちらの著書「時系列案内で言えば、『性同一性障害はオモシロイ』の第1章が充てられています(いろいろ拙い初著で恥ずかしいので読まなくてイイです;)
で、その前後のエピソードが『明るいトランスジェンダー生活』と。

………ぃや~いろいろ大変だったなぁ、しみじみ。


  


ともあれ、あれから20年。
長いような短かったような……。

いずれにせよ、20年前に性別移行に着手したからこそ、現在では20年間の社会的に女性として過ごした事実が積み重なっています。
30歳を過ぎてからの性別移行でしたが、「今さら……」と思ってしまったら、永遠に始まりません。
石橋を叩いて渡る慎重さも必要なのですが、それと見る前に跳ぶ大胆さを、上手に折衷してプランニングをすることは、やっぱり大事でしょうね。


で、昨今の性的少数者をめぐる情勢に目を移せば、この20年でずいぶん変わったものです。

もちろん現況は、まだまだ不十分な側面は多々あるとか、いまだ過渡期で無知や偏見のうちにある人も少なくないだとか、しばしば残念な事件も報道されたりなど、ネガティブな実状も見過ごしてはなりません。

それでも方向性としては、あるべき理想のほうへ進んでいるのは体感できるところです。

インターネット上の各種情報の質も向上し、公的な信頼できるwebサイトまであります。
相談窓口が設けられている機関も少なくはなくなってきているでしょう。

世間一般での「LGBT」についての認識も、まがりなりに相当に進みました。
多様な性のありようを「普通のこと」として受け止めていこうという機運はそれなりに高まったと言えます。

パレードやクィア映画祭、「LGBT成人式」などのレインボープライドイベントは、全国各地で頻繁に行われ、大勢の性的少数者当人や理解者・支援者で賑わっています。
ほうぼうの大学に「LGBTサークル」が存在することも珍しくはありません。

性の多様性について知るための市民講座や、大学での授業、あるいは自治体職員・学校教職員向けの研修会なども、あちらこちらで日々おこなわれています(不肖ワタクシも講師を務めたりしています。研修を経た学校の先生が教室でホモネタのジョークを言わなくなるだけでも救われる子は多いのではないでしょうか)

他にもいろいろあるとは思いますが、これだけ見ても、周囲の好意的な理解本人の自己肯定に資する環境は、20年前との比較の限りでは、飛躍的に整ったと評価できます。

性別違和を持つ人がトランスジェンダーとして性別移行を決意する、あるいは何らかのセクシュアルマイノリティが自己肯定を経てカミングアウトしていくにあたってのハードルは、やはり大幅に下がったと見て間違いないでしょう。

いやはや、時代は進んだノ

20年前のあのころから見た、今はもう20年後の未来なんですね。


そういう意味では、私たちの世代としても、かつてのケモノ道を歩いた意味はあったのかなと、多少は報われる気分です。

今後は老境にさしかかっていくにともない「セクマイ高齢者」として引き続き若い人たちから見た少し先の年齢におけるロールモデルを開いていけるなら幸いだと思います。


◇◇

◎で、20年ということで、20年前に女性として初めてのちょっと遠出「プチ日帰り旅行」に出かけてみた行き先の大津・坂本を再訪してみたレポートは、お知らせブログのほうの記事でノ



◇◇


コメント(2) 

愛をとりもどせ! ユーリとユーフォと百合とBL [多様なセクシュアリティ]

昨秋・2016年10月期のアニメとして最も話題になった作品といえばユーリ!!! on ICEであることに異論は少ないでしょう。

「本格フィギュアスケートアニメ」の看板に偽りのない精緻で優美な滑走シーンとともに描かれる、日本の特別強化選手・勝生勇利とコーチに就任した世界的実力者・ヴィクトル・ニキフォロフの、固い絆~深い心の交流……。

 BL170109-01-YoI_KeyV.jpg
※本記事中の画像はすべて各作品の公式のサイトや放送画面から学術研究のための引用としてキャプチャしたもの

アニメ『ユーリ!!! on ICE』公式サイト


その様子が、いわゆる同性愛的にも見える領域まで躊躇なく踏み込んだものであったことなどは、賛否両論等々をまじえながら大きな反響を呼びました。

そのあたり、非常に大きな意義もあったと言えるわけですが、残念ながらワタシはじっくりと視聴する機会は逃してしまったので、詳しくはガッツリとハマった皆さんがいろいろ書いておられるのを適宜検索されるのがよいかと存じます。

例えば【 ユーリ 指輪 】でgoogleにかけると(2017年1月初頭現在)次のようなページなどが見つかりました。

ユーリオンアイス 10話感想~結婚したって何回言わせる気だ!!あとダンスバトルED最高でしたありがとうございますッ!!/びーきゅうらいふ!

ユーリ!!! on ICE 10話感想 ペアリングで婚約/女子向けアニメの感想ブログ


そして、そうした中でも、この『ユーリ!!! on ICE』が描いたものが「愛の再定義の物語だと論評するものは、なかなかに興味深く核心へと迫るものがあります。

作品で描かれる物語を通じて愛たる概念が定義され直そうとしているのだという着眼点に沿った批評は非常に示唆的です。

『ユーリ!!! on ICE』と「愛の再定義」/小夜倉庫


言うまでもなく、現行のロマンティックラブイデオロギーのもとでは、あらゆる愛に優越して異性間の恋愛にまつわるものが至高の愛であるかのように位置づけられています。

しかし、本来はエロス的なものからアガペー的なものまで多岐にわたるのが愛ですし、恋愛にまつわるものに限っても、異性間 同性間を問わず、その実相はさまざまなのが本来でしょう。
異性間の特定の様式のものに則った恋愛のみが特権的な価値を与えられているというのは、ある種の「愛の簒奪です。

その意味でも、私たちが一度「愛」のさまざまなかたちを再確認し、各々の社会的な位相に応じて定義しなおすことは、大いに必要なことだと言えます。

いわば、非常に狭い範疇に囲われてしまい、享受できる人が非常に限られた状態になってしまった「愛」を、今一度、万人の日常にとりもどすことが求められているのではないでしょうか。
まさに「愛をとりもどせ!」ですね。

『ユーリ!!! on ICE』が、その「愛をとりもど」す作業のためには非常に有益だったことは、もはや疑問の余地もないでしょう。


そして、そんな「愛の再定義」に際して、もうひとつ有用な概念が、そうです、例の引力ではないでしょうか。

人と人とがひかれあう力「引力」


 BL170109-02-eupG-2v03.JPG

思えば、このアニメ公式サイトでの主要登場人物相関図を見るに、響け!ユーフォニアム』もまた「愛の再定義」の物語であったことは明らかです。

アニメ『響け!ユーフォニアム2』公式サイト


じつにさまざまな矢印が入り組み、それぞれがそれぞれのかたちの引力に導かれた「愛」としてそこにあります。

公式に「引力」と記された中心人物である高坂麗奈と主人公・黄前久美子

 BL170109-03-eupG-2OA.JPG


久美子の幼馴染で恋愛感情を自覚し麗奈がまるで恋のライバルなごとき塚本秀一

 BL170109-04-eupG-2OA.JPG


犬猿の仲という名の絶妙コンビな中川夏紀吉川優子

 BL170109-05-eupG-2OA.JPG


すれ違いによる誤解からの修復と恢復を経た鎧塚みぞれ傘木希美

 BL170109-06-eupG-2OA.JPG


そんな鎧塚みぞれをずっと気にかけていた吉川優子

 BL170109-07-eupG-2OA.JPG


同時に吉川優子から中世古香織へは崇拝に近い敬慕。

 BL170109-08-eupG-2OA.JPG


その中世古香織からの田中あすかへの並々ならない情念。

 BL170109-09-eupG-2OA.JPG


……等々という具合に、多分に複雑で重層的な入り組み方で輻輳しています。


そうして、そのいずれもが「誰かのことが好き」という偽らざる気持ちとしてまちがいなく存在するものなのです。

一見すると既存の二元的性別制度と異性愛主義に適合する形をとっているものも含まれていはするものの、基本的にはすべてがもう「男」「女」「同性」「異性」「恋愛」「友情」といった概念を超越した「好き」、すなわち【再定義された愛】の実践となっているわけです。

まさに「引力」のおもむくまま――。

それを、単なる現行のデファクトスタンダードにすぎない異性愛主義モノアモリー規範で仕分けてしまうのは、甚だしく乱暴なことであるのは容易に理解できましょう。

特にアニメ2期の最終回では、卒業する田中あすかへ、後輩としていろいろな形で関わることとなった中で関係性を紡いでくることになった主人公・黄前久美子から、あらためて敬愛の情が伝えられる、すなわち「愛の告白」がおこなわれるシーンがクライマックスに据えられています。

 BL170109-10-eupG-2OA.JPG


これは、先の久美子と高坂麗奈の「引力」が比類のない強さであることと矛盾するようで戸惑った視聴者もいたかもしれません。

しかし、いろいろな「好き」があり、当然にそれらは複層的に両立し併存しうるものだと考えれば、これもまた何の不思議もありません。

こっちの「好き」が本当なのなら、あっちの「好き」は嘘である……なんてことは面倒くさいからやめてしまいましょう。
どの「好き」も、全部が本当の「愛」でよいではありませんか。

むしろ、自分の気持のありように添うように、そのつど「愛」を再定義すればよいのです。

『ユーリ!!! on ICE』も『響け!ユーフォニアム』も、そのような営為を進めていくための、大いなるヒントを提供してくれているのは間違いありません。


 BL170109-11-eupG-2OA.jpg


そんなこんなで「愛の再定義」を試みる作品がこの時期に複数現れているのは偶然ではないでしょう。

「同性」「異性」「恋愛」「友情」といった悪しき旧弊は、本当にこの好機をとらえて社会の構成員全員で考え直してみたいところだと言えます。


  

  

◎「愛の告白」の意味の拡張
「愛の告白」という言い回しの拡張的な用法が広まったのも『響け!ユーフォニアム』アニメ1期の第8話でした。
あがた祭の日に雑踏を避けて2人で登った大吉山展望台の美しい夜景が印象的な一連のシーンにおける、高坂麗奈が強く感じる心の共鳴を黄前久美子に伝える際の「これは、愛の告白」というセリフは大きな反響を呼び、以後、他作品などでも類似したシチュエーションでは「あっ『愛の告白』だ(*^^*)」というような認識が広まったと言えます。
また、その祭の夜の大吉山展望台で久美子と麗奈が合奏する曲が奥華子の「愛を見つけた場所」だったというのも、現時点から遡及的に解釈すれば、2人がこの場所で見つけたものは他ならぬ愛ですよという「愛の再定義」がおこなわれていたのだということにもなるでしょう。


◎ユーリをめぐる百合とBL
『ユーリ!!! on ICE』で深く親密な関係性が描かれたのは男性キャラどうしがメインでした。
同性愛的にも見える領域へ踏み込んだ描写の際には、いわゆる腐女子ファンが喝采する傍らで、ホモフォビア的な感想も湧き出ていたようで、一部では深刻な摩擦が生じていたようにも見受けられました。
ただ、これらの登場人物を女性キャラに置き換えた、いわゆる百合モノであれば、ソレらはもはやべつに珍しくもない描写なのではないのだろうか? というギモンが頭をよぎらなくもありません。
『響け!ユーフォニアム』もそうですし、ラブライブシリーズやプリパラ・アイカツなど各種のアイドルアニメ、各種日常系アニメ等々でも同様です。
ジャンルとして比較した場合、BLのほうが、主にコミックとしての展開は歴史が長く、作品群の層も厚いと言えます。しかしそうした蓄積とは逆に、このような同性間の多様な親密性描写がアニメでおこなわれることに関しては、むしろもしや「百合」のほうに一日の長あるのでしょうか?
特に「百合」については、女性キャラどうしに何らかの関係性が発生していれば、かなり幅広く「百合」だとざっくり捉えられるのに対して、BLに関しては、性行為描写の有無などに依拠して「ホモではないけど何か崇高な関係性だ」「崇高だからBLには該当しない」「でもじゃぁ何て呼べばイイんだ!?」のようなあまり意味があるとも思えない論争が繰り広げられることもあるようです。
これらの「百合とBLの非対称性、要はこの社会で分離的に配置されている女性カテゴリと男性カテゴリの間のさまざまな不均衡の反映なのだろうなとは考えられます。
特にフィクション作品にまつわる歴史的な経緯には注意を払う必要があるでしょう。
男どうしの熱い友情を描く作品は昔からフツーにたくさんありました。いわゆる少年誌のスポーツもの・ヤンキーもの・格闘もの等々。
そこには元来は性的な要素はなかったものの、主に女性ファンらが一種のパロディとして読み替えをおこない、性的要素を絡めた二次創作「やおい」を楽しみ始めたのがBLの源流にあります。
なので、必然的に「BL」と言えば性描写のイメージが切り離し難い。背景にはそうした歴史的経緯がなくはないです。
一方、一昔前は女性どうしの友情などをメインに据えて描く作品は希少で、基本的に女性キャラは男性に恋愛するか、男性から恋愛されるかによってしか存在できず、女性キャラどうしの関係性は間に男を挟んだかたちでしか描かれない傾向もないではなかったでしょう。
だからこそ「ベクデルテスト」のような指標にも意味があったわけです。
それが時代の進展で、ようやく近年は女性どうしの関係性を前景化した作品が増えてきました。結果そこのところに着目して作品を鑑賞したり、二次創作の要諦に据えるようなことも主流化しつつあるのが、この2010年代です。
なので、その際には女性キャラどうしの親密な交流が描かれるという事実が肝要なのであって、「性的なカンケイ」の有無は、包括的に捉える限りあまり問う意味がないことになります。
「女性キャラどうしに何らかの関係性が発生していれば全部《百合》!」なのには、こうした事情もあるのではないでしょうか。
ともあれ、このような考察をとおして多くの人が【べつに「《男女異性愛》なのが正常で普通」というわけではないよな】という気づきを得て、以て現実社会の男性カテゴリと女性カテゴリに分離的に配置された構造自体が、その不均衡ごと撹乱されていくとなれば、大いに意義深いところでしょう。


◇なお、こちらで泉信行さんがやはり『響け!ユーフォニアム』をとりあげて考察されている記事も大いに参考になるかと思います。
『響け!ユーフォニアム2』に見る恋愛のアレゴリーと、『やがて君になる』の百合/ピアノ・ファイア


◇◇


前の3件 | - 多様なセクシュアリティ ブログトップ