So-net無料ブログ作成
検索選択

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などはお知らせブログにて

経済・政治・国際 ブログトップ
前の3件 | -

インターネット広告に奥ゆかしさは望めないのか [経済・政治・国際]

かねてより佐倉ジェンダー研究所web各サイトのうちブログ形式のところは[so-netブログ]の無料サービスを利用しています。

無料サービスなので、閲覧者の皆様には恐縮ながら広告が表示されます。

ただ、かつて私が数ある無料のブログサービスの中でも[so-netブログ]を選んだのは、これら広告の表示がカスタマイズできる度合いが高く、私が意図しない形で各種広告が閲覧者の皆様へ表示されることが最大限避けられるという理由が、ひとつ大きくありました。

現在でも、パソコン版ブラウザでの表示については、サイドバー下部のボックス広告のエリアに広告表示を集約することが実現されています
(たまにページの上部に大きなバナー広告が表示され本文中の不自然な位置で何らかの語句が広告リンクになった状態を見かけられる機会もあるかもしれませんが、これは約1ヶ月以上ブログ更新が滞ったときには so-netブログの仕様でそうなってしまうものなので、お含みおきいただけると幸いです)

……むしろワタシが自分で配置したアマゾンへのリンクのほうが多いくらい;

これらのアマゾンへのリンクは自著などの紹介を目的としています。
当ブログは基本的に個人ブログであり直接の原稿料収入もないので、もしも当ブログ各記事などにアクセスされたことで一定の利益を享受されたと感じられるような場合には、お布施がわりとして佐倉智美の各種著作をご購入いただけると嬉しいです。
便宜上アフィリエイトの仕組みを利用している点については、こちら「アフィリエイトについて」もご覧ください。


ただ、それもあくまでもパソコン版ブラウザでの表示」に限っての話。

モバイル端末向けの表示の場合、最新のスマートフォン向けテンプレートが、総合的には各種の機能が充実していて操作性も良いのですが、なにぶんにも広告が常軌を逸してウザなっています。

特に、主コンテンツとの混同を引き起こすような配置や、閲覧者のスマートフォンの誤操作を誘発することを確信犯的に意図した現れかたをするものなどは、いちじるしく卑怯なやり口と言わざるをえません。

 BL161114webADfz-E.png


無料サービスに広告が表示されること自体は受忍すべきものでしょう。
広告収入というものや広告産業の存在についても、経済の回転のなかでの意義は少なくなく、直ちに否定されるべきではありません。

しかし閲覧者が広告を広告だと認識できるようにすることは大前提です。

閲覧ページの主コンテンツに付随したリンク表示なのか、それとも閲覧ページ制作者がその内容については関知しない形で自動挿入された、閲覧ページの内容とは直接は無関係なリンク先へ誘導されるものなのか。

そのあたりの誤謬を積極的に招来することを企図したような表示の方法は、広告倫理上大いに問題なのではないでしょうか!?


残念ながら[so-netブログ]に限らず、web広告全体を見渡すと、もっともっとエゲツない事例が枚挙にいとまがないのが現状です。

例えば、バナーやポップアップ表示などが激しく点滅などしながら「あなたの端末がウィルスに感染しています!」のような文言で煽ってくるものは、ソレのほうがウィルスサイトへのリンク広告です(絶対にクリックやタップしてはいけません)


また、意図しないタイミングでエロ広告を見せられるのもダメージが大きいです。
エロい情報を求めてそのスジのサイトを見に行ったら広告もエロいというのはまぁ必然でしょう(上述のような、そのサイト自身の主コンテンツと広告が峻別しづらいという問題は残るものの)
しかしそういうエロ専門サイトやエロい内容ページではないのに広告だけはエロ広告というのは理解に苦しむところです。

そのつもりがない5w1Hで突然に性的な内容を見せられるというのは、各自のセクシュアリティ観に基づいたセクシュアルファンタジーの小宇宙に別の秩序が闖入してくるという一種の暴力行為です。
もとより、性的な表現物には、一定のゾーニングが求められるものでもありましょう。
この点で、現状のインターネット広告は猛省のうえで早急に是正をすべきです。

同時に、これらのインターネットでのエロ系の広告には、そのものズバリのエロコンテンツから、多少のエロ要素をアピールした一般コンテンツのものまで広く含めて、いわゆる「萌え絵柄」が用いられているケースが少なくありません。
このように萌え絵柄がエロい広告に頻繁に活用され、それが利用者の意図を無視して無秩序に表示されることは、一部の人々の間にしばしば見られる「萌え=エロ」というきわめて短絡的な誤解が強固に形成されていることの遠因にもなっていないでしょうか。
このことは、日本のコンテンツをめぐる状況においてきわめて不幸なことであり、やはりインターネット広告の業界も看過してはならないことでしょう。


願わくは、今後のインターネット広告が、きちんと倫理的なガイドラインのさらなる整備を経て、適切に奥ゆかしいものになっていくことが期待されます。

同時にインターネットの利用者ひとりひとりが、例えば悪質な広告を見極めるスキルなども含めたメディアリテラシーを適宜発揮していくことも大切なのではないでしょうか。


「Amazonギフト券」活用法 [経済・政治・国際]

通信販売を利用する際の支払い方法は、クレジットカードを保有していれば、それが利便性等で最善であるわけですが、そうでない場合でも、各種の方法は用意されています。

特にダウンロードコンテンツの購入などインターネット上で取引が完結する場合に便利なのは、ネットワーク登録タイプのプリペイド電子マネーシステムでしょう。

Amazonでkindleコンテンツを購入する場合などには「Amazonギフト券」が便利だとは、以前にも(お知らせブログのほうで)述べたとおりです。

 → Amazonのkindleコンテンツ購入へのハードルは低い
http://est-tomorine3908.blog.so-net.ne.jp/2013-09-24_HowToKindle


Amazon の取り扱い商品は今や多岐にわたり、たいていのものは Amazon 経由で購入できると言っても過言ではありません。
しかも価格はリーズナブル。
その意味では、仮に誰かから《商品券》を贈られる機会があったとしたら、下手に高級感がする百貨店商品券よりも「Amazonギフト券」のほうが嬉しいというのも現実です。

また Amazon は、1回の購入手続きの中で、ギフト券の残額が足りない場合には、その不足金額のみをクレジットカードと併用できるという仕様も良心的で、この点の使い勝手の良さも評価に値します。

そんな「Amazonギフト券」、ストレートな利用方法以外にも、ちょっと裏技的な活用方法もあるのではないでしょうか。

※当記事内容は執筆時点より以前の実地検証に基づいているため、時間の経過にしたがい Amazon 側の仕様変更などで当記事内容が該当しなくなっている可能性は生じます。最終的な確認は自己責任でお願いいたします。


そのひとつは「別のプリペイド電子マネーカードの残額の使いきり」。

例えばクレジットカード擬態タイプのプリペイドカード電子マネー( au WALLET や LINE Pay のプリペイドカードなど)に、キャンペーンに惹かれてつい入会してしまったけど、イマイチ使いづらいので使用を封印することにした……ような場合、すでにチャージしてある残額をどうするかが悩ましいところとなります。

しかしクレジットカード擬態タイプのプリペイドカードは、クレジットカード擬態タイプであるがゆえに、Amazon のアカウントに支払い用のクレジットカードとして登録して使用できます。

一方、「Amazonギフト券」は、Amazon のサイトでクレジットカード払いで購入する場合には、ギフト券券面額として任意の金額が自由に指定できます。

……なので、使用をやめることにしたクレジットカード擬態タイプのプリペイドカードを使って、その残っている残額分の「Amazonギフト券」を購入すればよいのです。

これで残額がちょうど無駄なく「¥0」になり、その分が「Amazonギフト券」に移ることになります。


もうひとつの活用法としては「送金」も考えられます。

個人間でのモノの売買をおこなったような場合、購入側がどうやって代金を送金するかは、これまた厄介な悩みであることが少なくありません。

特に個人情報を相応に知り合っている顔見知りどうしの場合ならまだしも、相手がもっぱらSNS上での知り合いで、連絡先はメールアドレスくらいしか知らないとなると、あらためて住所や銀行口座、そして戸籍上の本名を教えるというのも、ハードルが高い行為ですし、現実としてリスクもあるでしょうから、なかなかできません。

しかし「Amazonギフト券」なら、メールアドレスさえわかっていれば送ることができます。

また、他の送金手段にはついてまわってくる「手数料」からも自由です。

個人間でのモノの売買以外でも、資金を出し合って何かの企画を運営していたようなグループで、プロジェクトがすべて終了して解散する際に残った資金を精算するような場合に、各メンバーの銀行口座に振り込みをしたり、各自宅に現金書留を郵送したりするよりは、はるかに合理的なのではないでしょうか。


 


このように、「Amazonギフト券」の活用方法はアイデア次第で、いろいろな可能性を持ちます。

自分のライフスタイルに合わせて、上手に使いこなしていくとよいのではないでしょうか。


[3:データ専用simスマホで音声通話]格安スマホ時代のケータイ代節約術 [経済・政治・国際]

さて、前々記事前記事でお話ししてきた、ガラケーと格安スマホの「2台持ち」体制。
最後はその体制を補強する、音声通話非対応simを挿したスマホで音声通話をする方法についてです。

前記事のとおり、docomoキッズケータイは優秀な端末ですが、ハードウェアテンキーがないので通話中のプッシュトーン信号送出ができないという問題がありました。
企業のコールセンターのような通話先にかけたときの最初の用件選択のために番号をプッシュさせられるシチュエーションには、どうやって対処すればよいでしょうか。

誰でも思いつく方法としては、普段はキッズケータイに挿しているドコモとの正式契約したsimカードを、そのときだけスマホのほうに使えばよいのでは? …というものがあります。
これは、いちいち両端末の電源を切り背面のカバーを開けてけっこう繊細な手作業をするという面倒さえ厭わなければ、いちおうは理に適った解決策に思えます。スマホの端末もドコモのものなら、これでフツーに稼働してしかるべきです。
ただこの方法、ドコモ側の設定で、ガラケー契約の3G通信(FOMA契約)のsimカードだとLTE対応のスマートフォン端末に挿した際は一切の通信が拒否されているので、じつは使えません(画面の電波表示は圏外になる)
たしかにLTE対応のスマートフォンで使える正規の(Xi契約)料金を払わずに割安なガラケー料金で契約した客に後からsimカードを別途用意したスマートフォンに勝手に移し替えられて使用されてはドコモとしては商売上がったりですし、3GとLTEでは技術的な規格が異なるというのも理解できます。
とはいえ、データ通信ができないのはいたしかたないにしても、いざというときの音声通話までいっしょくたに一切の通信を切断する措置は正直なところいただけません。せめて災害時などには、この措置を解除してもらえるとイイのですけどねー、docomoさん。


……そんなわけで、simカードは入れ替えたりせず、なんとか音声通話非対応・データ専用simを入れたスマートフォン端末で音声通話をおこなう方法を探すしかないことになりました。

しかし、そんな字面的には不可能性の高そうなことを可能にするサービスは、意外にもこともなげにすでに提供済みでした。

それがつまり、いわゆるIP電話
インターネット回線のデータ通信として音声通話のほうも扱ってしまうサービスは、かねてより固定電話では普及してきていましたが、昨今はモバイル端末向けにも複数の業者から供用されており、その対応スマートフォンアプリもいくつも提供されています。

GoogleのハングアウトならAndroidスマホにはあらかじめ入っている場合も多いのではないでしょうか。

あるいは、平均的な日本のスマホユーザーであれば、かの「LINE」の音声通話機能が使い勝手がよいという説も有力です。

LINEの音声通話機能はLINEでの知り合い(「友だち」)ならチャットとシームレスな操作で無料で利用できますが、そうでなくても相手先の電話番号宛にごく標準的な電話をかける操作で安価に発信できます。
料金支払いには「スタンプ」を購入したりするのにも使えるLINEのコインを共用することが可能なのも利便性が高いです。

また、この場合の相手先への発信元番号通知は、LINEアカウント取得時に認証をおこなった携帯電話番号とLINEをインストールしたスマホに挿したsimカードの番号が一致している場合なら、その番号になります(悪く言えば技術的には一種の番号偽装なので、ドコモの携帯端末など一部の相手先のセキュリティ対策の仕様によっては通知不可能)

◎格安simでLINEを利用する場合、大手キャリアとは直接の契約がないので「年齢認証」が受けられないというデメリットがあります。
以前に大手キャリアでスマホ利用していた際に認証済みのLINEアカウントを移行すれば、LINE登録の電話番号は変わりませんが、その場合はsimの番号と不一致なため上述の番号通知は非通知になります。
端末のsim番号を通知させるなら、電話番号の設定を再度おこなうことになりますが、その番号では「年齢認証」をしないまま使うことになります。


ただ、手軽で便利なLINEアプリの音声通話機能ですが、固有の電話番号を伴っているわけではないので、ソコへかけてもらうという使い方はできません。
またフリーダイヤルなどへも発信ができません。

※IP電話全般に言えることとして、110番や119番などの緊急通報も含めて、各種の特殊な電話番号にはかけられないという制約があるのが通例です。
あとインターネット回線の速度に応じて、音声の到達に若干の遅延があるのも留意しておく必要があります(うっかりすると、テレビの報道番組で時折見かける、衛星生中継の現地レポーターと東京のスタジオのキャスターとの会話のタイミングのズレのようなことを自ら体験するハメになります)

LINEアプリの設計思想としては「2台持ち」を想定していないようで、音声通話機能も電話代の節約が主眼なようです。したがってフリーダイヤルなら通常回線からかければいいじゃんという理屈で対応していないようです。

……で、となると当記事冒頭の、通話中のプッシュトーン信号送出ができないdocomoキッズケータイの問題をスマホのほうでフォローするという目的は、企業のコールセンターなどはフリーダイヤルなどが多いことに鑑みると、LINEアプリでは果たせないことになってしまいます。

いゃはや、なかなか「おカネをかけずに、コレひとつでOK!」というものは難しいのかもしれません。何事にも一長一短はあるものです。
なんとかフリーダイヤルなどにも通話可能なスマートフォン向けIP電話サービスはないものでしょうか。

そうして、これまたいろいろ探した結果、これならイケそうというサービスがありました。

ひとつはこちら。

「050 plus」
http://050plus.com/

 BL151212_06-050plus.JPG
 (画像は公式サイトからキャプチャ)

原則としてフリーダイヤルでも大丈夫
またNTT系列という安心感もあります。
アプリの使い勝手もまずまずの評価でしょう。
しかも、050で始まる専用のIP電話番号をひとつ発行してもらえるのも嬉しい。

ただ、月額基本料金が320円ほどかかるのは、安さを求めて「2台持ち」にたどり着いたユーザーを逡巡させるにじゅうぶんな難点ではあります。

たまにフリーダイヤルにかけるためだけになら、毎月その金額を払う合理性はどうしても乏しくなります。

なんとかならないものでしょうか。
(格安simが同じNTT系のOCNモバイルならセット割引も効くようですが)

……そこで、もうひとつ、

「ブラステル」!
http://www.brastel.com/Pages/jpn/home/index.html

 BL151212_07-050free.JPG
 (画像は公式サイトからキャプチャ)

これなら、フリーダイヤルもOKで、専用の050IP電話番号も取得できて、スマホのアプリもまずまずの使い勝手という環境が、月額基本料金ナシで実現します。
事前チャージも500円からでOKと良心的。


というわけで、これらIP電話サービス。実際にアカウントを登録し、アプリをスマホにインストールして設定を済ませると、電話をかけるのも受けるのも、ごくあたりまえにできました。

なんのことはない。
データ通信専用sim(いちおうワタシのはSMSには対応)を挿したスマートフォン端末が、アッサリとフツーに音声通話も可能な多機能携帯電話端末になったわけです。

………もうコレだけでもイイんじゃね??(^^;)


もちろん、上述したように110番や119番などの緊急通報はできないなどの制約はありますから完全な代替にはなりません。

それでも「2台持ち」のスマホ側でも音声通話が可能になり、電話帳も主たる利用場所がスマホ上になった今、スマートフォンの存在感が相対的に増し「2台持ち」の前提となっていた役割分担のバランスが曖昧になった感も出てはくるでしょう。

たまにしかかけないとしても、正規の携帯電話通話料よりも、IP電話からの料金のほうがかなり割安だというのも意外と重要です。

いっそのことドコモを解約しガラケーの番号を音声通話付きの格安simにMNPして端末をスマホ1台にまとめる(料金的にも似たような金額)というのも、この際「2台持ち」のメリットとして挙げたことと引き換えても、じゅうぶんに合理的な選択として浮上してきます。


…でも、ちょっと待った!

いろいろ考慮すると、この2015年現在、大手キャリアとの契約を解除するのは、やはり時期尚早なのではないでしょうか。

理由のひとつはMVNOの信頼性。
新しいビジネスだけに、注目を浴びている今はよいとしても、もしも経営が苦しくなったときの撤退も早いかもしれない危険性はあります。
契約を全面移行した後でそうなったりしたら、二階へ上がってから梯子を外される形になってしまいます。

もうひとつは災害時
大災害などで通信インフラが逼迫したときには、大手キャリアは自社との直接の契約者を優先することはありえます。
そういう場合に、MVNOの格安simしかないと、通信手段がなくなる危険性も考えられなくはないでしょう。

そういうことを勘案すると、やはり大手キャリアとの契約は今しばらくキープしておくのが、この2015年時点では賢明と考えるのが妥当と言えます。

このほか、スマホ端末にドコモのものを使う以上は、不具合時の修理受付などには近所のドコモショップに窓口になってもらうことになりますが、その場合でも、たとえスマホのsimはMVNOのものでも、ガラケーで正規にdocomoのお客様なのであれば、気分的にラクというものです。
その他ドコモショップによる各種のサポートなども受けやすいでしょう。

そういう安定性・安心感が得られるという点では、端末が2台に分かれていて、simの契約もまた2つに分かれてでも、大手キャリアとの契約を今しばらく維持するのは、適性な負担と判断できます。

もちろん最初の記事で述べたような、バックアップとしての2台ある安心感や「スマホで情報を見ながらガラケーで通話」のような使い方の利便も大きいのは変わりません。


そんなこんなで、以上のような点をふまえて、ガラケーと格安スマホ「2台持ち」のコストパフォーマンス、今しばらくこれを享受していくことになりそうです。

たまの連絡にガラケーで通話とSMS、スマホは情報端末としてそれなりに使う……という、私と利用状況が似ている方は、どうぞ参考にしてみてください。


前の3件 | - 経済・政治・国際 ブログトップ