So-net無料ブログ作成

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などはお知らせブログにて

佐藤かよテレビではじめて [多様なセクシュアリティ]

ファッションモデルでタレントの[ 佐藤かよ ]さんをテレビではじめて見ました。

前記事を書くために、昨日、録画した当日の『ハートキャッチ プリキュア』をいろいろ巻き戻したりして確認している合間に『サンデー・ジャポン』のゲストコメンテーターとして出演されている様子が映ったという経緯なんですが。

なんてーか、キレイでカワイイ人です。
萌え萌え~(*^_^*)


それにしても、

 すでに女性として生活している状態でスカウトされる
   ↓
 女性モデル・タレントとしてフツーに活躍
   ↓
 その後じつは元男性だとカミングアウト

…という順番って、やっぱりいまどきの新しいパターンなのでは!?

旧来の王道は、やっぱ、ニューハーフとしてメディア露出→人気が出てタレント活動 だったのではないかと思われます


そういえば年始に見た番組ではピーターさんが何かのきっかけで「イイ時代になったねぇー」とコメントしている場面がありましたが、――激しく同感です。

だいたい彼女の年代だと、思春期になって自らの性に深刻に向き合うタイミングが、すでに2000年代初頭であって、インターネットはもちろん、書店に行っても関連書籍が数多く出ている状況ですから、独りで悶々と悩みを抱え込まねばならなかった世代から見ると、隔世の感があります。

 

◎それから、同じ日の『サンデー・ジャポン』ではミッツ・マングローブさんもゲストコメンテーターを務められていたのですが、このいわば女装・性転換系タレントが2人も出演OKというのは、これが“キャラかぶり”とは見なされなかったということであって、女装・性転換系という要素よりも、お二人の純然たるタレント個人としてのキャラを見て出演者が構成されたというのは、ある意味スゴく画期的なのではないでしょうか。


 


大変です!プリキュアが男の子アニメになっちゃいました!? [メディア・家族・教育等とジェンダー]

マクドナルドのハッピーセットのおまけのオモチャは、その時期その時期において、さまざまなプロモーションが展開されていますが、それが、ポケモンなどの限られた例外を除くと、たいていは、男の子向けと思われるものと、女の子向けと思われるものの、2種類同時展開となるというのは、以前から述べているところです。

2005/09/03の記事「マクドナルドのハッピーセット
 2005/12/01の記事「マクドのハッピーセット、ポケモンの場合」など

そしてテレビCMも、それらに合わせた2種類が制作され、男の子向けとされているバージョンは、やはり男の子向け番組と思われている例えばヒーローものなどの時間にオンエア、女の子向けとされているバージョンのほうは、女の子向けアニメだと思われているような番組でオンエアという区分がおこなわれるのが通例であったと記憶しています。


ところが、今日プリキュアを見ていてあらためて気づいたのですが、どうも最近、このマクドのハッピーセットのCM、男の子向けバージョンと女の子向けバージョン、その両方が、同じプリキュアの時間に、併せてオンエアされているのではないでしょうか。


これはいったい、どうしたことでしょう!?

プリキュアが男の子も見るアニメになったということなのでしょうか?
(大きいおともだちはともかく、ハッピーセットの主要購買年代では、それはないような気はするのですが………え? ハッピーセットの“大人買い”!?)

それとも、プリキュアの主要視聴層である女の子たちの中でも、ハッピーセットにおいては男の子向けとされるほうを欲しがる子が、じつは相当数存在することが、詳らかになってきたとかいうことなのでしょうか??

ぃや、案外、不況でCM枠が埋まらないので仕方なくやってるだけとか!?(^_^;)


……まぁ細かい事情はわかりませんが、性別を根拠に、一方的に区分けされている状況にくらべれば、とりあえずは好ましい事象なのかもしれません。

 


◎当記事のタイトルは『ハートキャッチ プリキュア』のサブタイトルの付け方へのオマージュです。ご了承ください(^o^;)


◎1月に入って『ハートキャッチ プリキュア』もいよいよ大詰めですが、ここまでで「薫子おばあちゃんが若返って変身」は実現しましたネ(厳密には変身したら若返った…でしたが)。
あとは、終盤の意味深な時期につぼみママが赤ちゃんを身ごもったのがちょっと気になっていたのですが、ここまで来ると、大した伏線ではなかったと考えてよさそうです。
いゃ、最後の戦いでキュアブロッサムが命を落とした後「本当のなりたい自分に生まれ変わる」として生まれ変わってくるつぼみちゃんが、その赤ちゃん――とか(ミンキーモモかっ)、最後の戦いで敵も味方もみんな死んでしまったところで、その赤ちゃんの魂に導かれて、どこかの遠い原始惑星で全員転生する――とか(伝説巨神イデオンかっ)を、ちょいと想像してしまってたので(^^ゞ


◎で、次年度のプリキュアが『スイート プリキュア』ということも明らかになりました(よく見ると「スイート」は sweet じゃなくて suite ですナ。このヒネり方は、若干期待が持てるかも)が、なに!? キュアメロディにキュアリズムっ!?
……………。
ソレって「けいおんプリキュア」じゃん!
去年ワシが考えたパロディが、またパクられたっ!?
てことは、中盤で追加登場するのはキュアビートとキュアハーモニー??


◎同様に戦隊ヒーローの次年度も、『海賊戦隊 ゴーカイジャー』だと明らかになりました。
うぅーん、怪物戦隊ヨウカイジャーじゃなかったか、やっぱり(^_^;)
……………。
待て待て!
モチーフの内容については予言が外れた格好やけど、音韻的には、これってスゴく的中してないかい!?(^o^;)