So-net無料ブログ作成
検索選択

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などはお知らせブログにて

今そこにあるデートDV [メディア・家族・教育等とジェンダー]

テレビアニメ『しゅごキャラ!』シリーズの主題歌を多数担当しているアイドルユニット[Buono!]の3rdアルバムが出たので聴いてみました。

Buono!【 We are Buono!】
  


『しゅごキャラ』でおなじみの曲もさることながら、アルバムオリジナルの楽曲にもなかなかの名曲が揃っています。

やはり特に、作詞を※岩里祐穂さんが担当している歌に、「おぉーっ、こ、これは!」という名曲の比率が高いですね。


そして今回その中でも特筆すべきは、3曲目!
「Independent Girl ~独立女子であるために 」
と題されたその歌は、なんと社会問題としてデートDVをとりあげているのです。

もともとBuono!の楽曲は『しゅごキャラ』アニメの主題歌が多いせいもあって、内容的にガールズエンパワーソングの比率が高いと言えるのですが、ここまで具体的に踏み込んだものは初めてですし、J-POP全体で考えても、これはかなり画期的かもしれません。

IndependentGirl_page.jpg
    ↑    ↑    ↑
★【 We are Buono ! 】ライナーノーツより★


「デートDV」とは簡単に言えば、特に(冠ナシの「DV」――ドメスティックバイオレンスが結婚後の配偶者間をメインに想定しているのに対して)結婚前の若い年代の恋人どうしの間で見られる支配的で不均衡な人間関係に由来する物理的および心理的暴力のことです。
ズバリ、デートの最中に性的関係を一方的に強要したりすることもそうですが、広く交際全般を通して、相手に対して従属を強いる態度がすべからく該当します。
ケータイの履歴をチェックするなども、不合理に自由を束縛する、典型的なデートDVの具体例なのです。
昨今、その深刻度は徐々に一般に認識されるようになってきており、例えばNPO法人SEANでも、各種取り組みを深めていたりしています。
 →http://npo-sean.org/l-kaeko/230.html

なぜそんなことが起きるかといえば、もちろん世の中全体の男女の関係性が不均整であることが、若い世代にも反映しているわけですが、殊に年頃の若い男女に与えられている、恋愛のお約束をめぐる各種の情報が、やはりというか驚くほどというか、ものすごく偏っていることの責任は小さくないでしょう。
 →SEAN発行「マンガ・雑誌の『性』情報と子どもたち」の冊子も参考に!


思えば女性アイドルの歌というのも、元来は、そういった偏った情報源のひとつだったと言えましょう。

わかりやすい(古いけど(^_^;))事例では80年代前半を代表するアイドルのひとり堀ちえみのデビュー曲『潮風の少女』。
登場するのは恋に恋するあくまでも受動的なアナタマカセの女の子。徹頭徹尾、強い腕にさらわれっぱなしで、コレはいわば“独立女子”とは対極にある態度であります。
こりゃぁもー、恋愛初心者の男の子たちに対して、かようにもデートDV的な接し方こそが「こういうのが男らしくて女の子から求められているのか!」誤解せしめるに必要十分な内容の歌詞だと言ってもよいでしょう。

反対方向からの言い方をすれば、女性アイドルが男性向けの商品である以上は、その楽曲の内容はこのようなものでなければ売れないということなのですね。


そういう意味ではBuono!の「Independent Girl ~独立女子であるために 」非常に画期的なのですが、逆に、それだとBuono!の女性アイドルとしての売れ行きがいささか心配です。

ただ、どうやら昨今は、Buono!に限らず女性アイドルグループ全般に、女性ファンの比率が高まっているようでもあります。
Buono!を売り出す側が、女性ファンをも訴求対象に入れるようになったのが時代の流れだとすると、それはよい変化だと言ってよいでしょう。

もっともその分、ジャニーズなど男性アイドルの男性ファンが増えたという話は聞かないので、まだまだ男の子と女の子が置かれた社会的位置付けがアンバランスであることが解消されていない証拠でもあるんでしょうケド。

 

余談ながら堀ちえみはその後結婚引退して、さらに離婚もしていますが、その離婚の原因は当時の夫からのDVだったりしました。むむむ…深い!!
現在では堀ちえみは関西ローカルの昼のバラエティ番組に関西の主婦代表のような立場でのコメントをする役回りでテレビ出演したりするほか、いつのまにかいろいろ全国展開もしてるみたいですね。スゴイ!

 

 

この、岩里祐穂さんの作詞がイイというのは[Buono!]1stや2ndのアルバムのときから言えることかもしれません。
   

ちなみに、なんと ある時期の堀ちえみの楽曲にも「作詞:岩里祐穂」を発見!
Buono!と聞き比べると、新旧アイドル比較&岩里祐穂今昔比較になるかも???
  

さらにちなみに前記事(トイレの神様)の植村花菜「わたしのかけらたち」にも、同様に岩里祐穂さん作詞の名曲が入っています。
  

 


トイレの神様がいる文化圏 [経済・政治・国際]

というわけで話題の植村花菜『トイレの神様』ですが、この歌詞中の「とても美人のトイレの神様は、トイレ掃除をしっかりしてくれた人も、ご褒美に美人にしてくれる」という趣旨のおばあちゃんの言葉の、その真偽のほどはと言えば、はなはだギモンであり、いわゆる「科学的根拠はない」に尽きるでしょう。

『トイレの神様』という歌のタイトルだけを最初に聞いたときに多くの人が間違って見当をつけるとおりに、この歌がもしも本当にコミックソングであったならば、きっと「……と、おばあちゃんが言ったから、毎日せっせとトイレ掃除に励んだけど、ちっとも美人になれへんかった。どーしてくれるんや」というオチになるであろうことは、想像に難くありません。

まぁ、真相は、神様の存在を念頭に置いてトイレ掃除のようなルーティンワークにも精を出すことで心がキレイになる。ないしは、そんな言葉をかけてくれる大人との相互信頼に基づく人間関係の中での生育によって人格的に美人になる……といったところなのではないでしょうか。
歌の後半の歌詞中でも、そうしたニュアンスを匂わせるフレーズは登場しますし。


しかし反面、このブログの使用言語がネイティブである文化圏、すなわち日本的な宗教観念の下にあっては、トイレに神様がいるという言説に対して、さほどの違和感もなく、リアリティを感じられるのもまた事実ではないでしょうか。


一般にヤオロズノカミ――八百万神と呼ばれるように、この文化圏は多神教文化圏であり、ありとあらゆるものに神が宿っています。

「◯◯の神様」の◯◯に、ちょっとありえないようなモノを入れても、よもやと思ってインターネットで検索をかけてみると、なんとソレを専門に祀った神社が本当に実在するケースも少なくなさそうです。

トイレの神様も、曲のヒットで今後は変動するかもしれませんが、とりあえず2010年3月中旬時点で「トイレの神様」の単ワードでgoogle検索してみると、伊豆にあるトイレの神様を祀った神社(厳密にはお寺の中にあるお堂……寺の中に神様を祀るエリアが共存しているというのも多神教文化圏ならでは)を紹介したページが最上位に来ました
 伊豆・天城湯ヶ島 明徳寺
http://www.izu.co.jp/~viserge/amagi1.htm
排泄やその他下半身方面の健康にご利益があるようです
「トイレの神様 伊豆観光」でand検索すれば、上記以外の関連サイトもヒットします

したがって保護者が子どもに対するしつけにおいて「◯◯の神様」を持ち出すこともまた、珍しい事例ではないわけです。

食べ物の好き嫌いをする子に対して
ピーマンの神様のバチが当たるよ!」
とか
遊んだ後のおもちゃの片づけを忘れがちな子には
おもちゃの神様が悲しんでるヨ」
など。

いゃー、まさに神様の大安売りですネ(^^)。


そんなわけで、この文化圏の子どもたちは、そんなことを言われながら成長し、結果として人々の間では、身の回りのそこかしこに神様がいるという多神教感覚が共有され続けるわけです。


もちろん一神教文化圏においても、子どものしつけに神様が引き合いに出されることはあるでしょうし、例えばキリスト教の観念の下のほうが、悪いことはまずもって神の前において罪であるという概念は厳格なのかもしれません。

そして、一神教と多神教は どちらが優れているのか!? なんてことは、もとより決められる事柄ではありません。


ただ、唯一絶対の神のみが正統である一神教に比して、さまざまな神様が並立する多神教文化圏の感覚は、価値規準の相対化(ひいては多様性・共生などとも)親和的である側面が大きいということは言えるかもしれません。
つまり、絶対的な正義をつくらないという点において、社会において何か価値観の対立が発生したときに調整がつけやすい、という長所は発生するのではないでしょうか。

セクシュアルマイノリティに対するヘイトクライムが、例えばアメリカなどではある種の宗教的な信念に基づいておこなわれがちなのに対して、日本では世間の空気に左右されているだけというのが、ある意味こわい反面、根は深くないと言えるのも、コレと関係しているわけです。

あるいは、日本の民主政治は一見すると欧米に比べてやはりなかなかうまく機能していないようにも見えますが、効果的に改良さえできるのなら、YesかNoかの多数決式二大政党制型の民主主義ではない、多様な立場の人々の意見をできる限り尊重して調整を図ることができる、真の民主政治にかなり近い位置にいるとも考えられるでしょう。


私たちは、こうした多神教文化圏の特長を理解し、上手に生かしながら、よりよい社会づくりに取り組んでいきたいものです。

 


◎キリスト教とイスラム教の対立がいくつもの紛争の種になっているのは、悩ましい国際問題ですが、これを、多神教文化圏の人間というのは、「キリスト教徒はキリスト教の神様を信じているのに、イスラム教徒はイスラムの神様を信じてるから、それでモメるんだよなぁ」というふうに理解しがちです。
しかし、対立の渦中にある各々の原理主義者は、じつはそうは考えていなくて、「神様というものを、あいつらは誤った解釈・誤った信じ方をしておる、ケシカラン」ととらえているのだそうです。
一神教の原理主義者にとっては、そもそも神様とは1コしか存在しないものなので、「◯◯の神様」という概念が根本的に存在せず、“あっちは「キリスト教の神」で、そっちは「イスラム教の神」”という設定理念自体が、想像可能な範囲の遥か遠い外側なのでしょう。
文化の違いというのは、こうした世界の理解の方法そのものにも関わってくるものなんですねぇ。

 

◎文化圏の違いと言うなら、植村花菜『トイレの神様』はじつはとても関西文化圏的な作品で、見方をそのように変えてみると、おばあちゃんの「トイレの神様は……」発言というのも、ある種の関西の“いちびり精神”に裏打ちされた内容であることが伺えます。
あと、歌詞の2番で、頼んでおいたビデオの録画をやっぱりというか案の定おばあちゃんが失敗して、それを幼い日の“私”が泣いて責めるくだりがあるのですが、その録画を頼んでいた番組が吉本新喜劇だというのも、なかなか関西チックですネ(^o^;)。
関西では週末の昼テレビをつければ、土日ともに吉本新喜劇系の番組がこともなげに毎週オンエアされてます。こうした環境が関西人のコミュニケーション文化に大きな影響を与えているであろうことは、じゅうぶんに推測可能でしょう。

 

 ◎植村花菜『トイレの神様』は
  アルバム「わたしのかけらたち」に収録

 

 


植村花菜『トイレの神様』の泣きのツボはどこ? [その他雑感つぶやき]

先日クルマの中でFM802を聞いていると、巷で話題の植村花菜『トイレの神様』がかかったのですが、不覚にも――落涙してしまいました。

それまでも部分的には――なにせ長い曲なので――耳にしていて、その際は「ふ~ん」という感じだったのですが、初めて全曲通して聴いてみると、……ぃやー、やられました。
運転中にコレはヤバいですネ(^_^;)

もっともそういう人は少なくないらしく、ネットを軽く検索した限りでも「涙が止まらなくて困りました」というような感想は散見されます。
「2010年の泣ける歌ナンバー1」との呼び声も高まっているみたいです。


ただ、私の泣いたツボというのが、どうもフツーとはちがうようなのです。
やっぱ、こんなところでもマイノリティ道を邁進しているということでしょうか。


植村花菜『トイレの神様』の歌詞の内容は、前半では主として、作者の実体験の投影である幼い頃の主人公である“私”のおばあちゃんとの思い出が綴られており、タイトルの「トイレの神様」も、その中でのトイレ掃除のお手伝いを嫌がる“私”に対しておばあちゃんが「とっても美人のトイレの神様は、トイレ掃除をしっかりしてくれた人も、ご褒美に美人にしてくれる」という趣旨のことを言って諭したことから取られています。

そして、一般的に考えて多くの人が思わず泣いちゃうであろうポイントは、やはり後半のクライマックス以降。

しかし、私はどうもイマイチ、そこのところは「まぁこんなもんかな」という気が先立っちゃうんですねぇ。

まぁ、なにせモチーフとなっているのが【おばあちゃん】ですから、このおばあちゃんが歌が終わるまでにはたしてどうなってしまうかというのは、だいたい歌い出しの最初の歌詞を聴いた瞬間にすでに予測もつこうというものです。

そんな予定調和のお涙頂戴なんぞに泣かされてたまるかい。

…なんて、ちょいとヒネたメディアリテラシーを発揮してしまうのは、いわば多少なりとも社会学を専攻し、コミュニケーション論をカジった者の悲しいサガなのでしょうか。


そんなわけで、私の泣けてしまったツボというのは、じつは3番のサビなのです。

この3番というのは、主人公の“私”が思春期に達して、おばあちゃんを含めた家族と何かと衝突するようになり、ついつい居場所を外に求めるようになっていったくだりが描かれます。
例えて言えば、誰にも縛られたくないと星空を眺めながら行き先もわからぬまま暗い夜のとばりの中へ盗んだバイクで走り出したりしていた、ソレに相当する時期の描写なのです。

そしてサビでは、それからさらに大人になった現在の作者の視点で、そんな時代が振り返られ、どうして人は大切なものを失いながら大人になるのだろう……みたいな述懐がなされるのですが、それがそれが、妙にせつなく響くのであります。

おそらくは、そうした諸々の「喪失」を引き受けてなお生きていくというのが、まさに大人になるということなのでしょうし、そんな「喪失」から何を取り出して現在以降に生かしていくかというのも、重要な人生の課題だと言えます。

そうした事柄が、マイノリティ、とりわけセクシュアルマイノリティであり、中でもトランスジェンダーである私の、各種のルサンチマンと共振して、ソコこそが泣きのツボになってしまっているのではないかと思われます。


もちろん、作品のどこに惹かれるかなどというのは鑑賞者の自由であり、作品の解釈にもまた正解は存在しません。

ただ『トイレの神様』における【おばあちゃん】に関しては、これをあくまでも題材だと考え、具象としてのディティールにはあまりこだわらないほうが、この名曲のテーマが、むしろより広く深く敷衍できるのかもしれません。

 


 ◎『トイレの神様』所収のアルバム
   植村花菜「わたしのかけらたち」