So-net無料ブログ作成
検索選択

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などはお知らせブログにて

まさかの名古屋へ『響け!ユーフォニアム2』舞台を京田辺市から訪問する [その他雑感つぶやき]

「えぇー、引き続きまたもや佐倉智美 著・小説『1999年の子どもたち登場人物の佐倉満咲です;;;」

「ど~も、満咲の《父》@ほぼ作者…です。ということで今日は名古屋国際会議場からお送りします」

 BL161218eup3Nag01.jpg


「なんでここなん!?」

「そらオマエが、期末テストも終わって一息、冬休みのバイトもまだ始まらなくて、ちょっとヒマそうやったから……」

「いゃ、そぅいうの もうイイから。それにアニメ『響け!ユーフォニアム2』の舞台探訪、いわゆる聖地巡礼なのももうバレバレやから!」

 →「『響け!ユーフォニアム2』舞台を対岸の京田辺市から訪問する

 →「冬のツッコミブログ編『響け!ユーフォニアム2』舞台を対岸の京田辺市から訪問する


「むむむ……」

「で、なんでここなん?? フツーはウチからちょっと来てみたって言えるレベルなのは(第11話で登場した)天ヶ瀬ダムのほうやろ。なんでわざわざ名古屋まで!?」

「ぃや~、ほら、なんてったって(今週放送予定の第12話での)全国大会会場やデ。霊験あらたかじゃん」

「たしかに立派な施設だけどねー」

 BL161218eup3Nag02.jpg

 BL161218eup3Nag03.jpg

 BL161218eup3Nag04.jpg


「それに『響け!ユーフォニアム』原作小説3巻では、名古屋まではバスでけっこう時間がかかるって記述があるものの、ソレはおそらく一昔前の話。今は新名神高速道路が開通してるから、高速を走ってる時間は正味1時間半くらいやがナ」

「そらまぁ、ウチからだと東名阪自動車道の区間の渋滞も、ちょうど行きも帰りも逆方向になるしな…(※数年後には新名神の未開通区間も開通して、そのあたりもさらに無問題になるはず)」

「そんなわけなので、ほーら、このアングルなんか、『響け!ユーフォニアム』アニメ1期のオープニング映像のラストカットがバッチリ再現ですゼ」

 BL161218eup3Nag05.jpg

 BL161218eup3Nag06.jpg

 BL161218eup3Nag07.jpg


「……ついに来た全国大会! かぁ」

「ちなみに、この騎馬像の馬、オスみたいやね(*^^*)」

「……ホンマや。なんか生々しくリアルな造形だねぇ」

 BL161218eup3Nag08.jpg

 BL161218eup3Nag09.jpg


「花も恥じらう女子高校生には刺激が強すぎるか;」

「ボクたちはまぁこういう話題にかんして鍛えられてるっちゃー鍛えられてなくもないけど、向こうの子たちは大丈夫かな。女子校育ちの川島緑輝ちゃんとか、意外と乙女な加藤葉月ちゃんあたり、はからずも赤面しそう(*^^*)」

「解説によると、これの元の原型を制作したのはレオナルド・ダ・ヴィンチ。現物は失われたものの、残された資料から復元を試みた結果がこうだというのは、レオナルド・ダ・ヴィンチならばこのように作っているはずだという推論の結果なんやろうね」

 BL161218eup3Nag10.jpg


「たしかに、そういうことならすごく順当な造形な気はする」

「つまり、馬とはいえリアルな性器の象りをまのあたりにして、つい何やら恥じらいの感覚のようなものを想起させられるというのも、あくまでも現代の私たちの社会において共有を求められる感覚にすぎないのであって、レオナルド・ダ・ヴィンチらルネッサンス期の人々にとっては、ココをこう表現するのはフツーに当然のことだったと」

「なるほど、性器の描写を隠さないといけないような規範性ってのも、ものすごく政治的な決定事項ってことなんだね」

「E.K.セジウィックが【セクシュアリティとは、その成立に関わる大抵の感覚や感情との関係から、常に事後的にセクシュアリティと名づけられるもの(中略)である。そして(中略)何が性的とみなされるかは変わりやすくそれ自体政治的でもある】と言ってるのともつながってくるかもね」

「ぅわ、まるで大学の先生みたいな小難しいこと言い出した~」

「………《まるで》ぢゃなくていちおー大学の先生なんですけど;」

「しがない非常勤だけどねー^^;」


 BL161218eup3Nag11.jpg

「じゃぁまぁそういうことで、そろそろお腹もすいたし何か食べて帰ろうゼ」

「やっぱり味噌カツきしめんになるのか?」


◇◇

  

  

  

◇◇


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。