So-net無料ブログ作成
検索選択

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などはお知らせブログにて

異性愛にしか聞こえない [メディア・家族・教育等とジェンダー]

桜の開花の便りもようやく聞こえはじめたこの3月末、新年度の準備にも追われる今日このごろですが、とりあえずワタシのウォークマンの中の2012年春用のプレイリストはだいたい整いました。
ちなみに今年の“岩船山登り”のメイン年次テーマ曲は、かのラグりんエンディング主題歌・中島愛の「 Hello! 」になる予定(^^)v。

 


で、今般いろいろCD借りたところ、いくつか気になる点がありました。

例えば「往年のあの人気バンドが復活!」という触れ込みのニューアルバムがツタヤにあったので借りてみたのですが、聞いてみるとこれが、なんか妙にマッチョな悪い意味で昭和的な男臭さの楽曲ばっかりだったので、激しく幻滅したりしました。

往年はもっと、性別を問わない形のエンパワーソングや、さもなくば「男の生き方」や「男社会」というものに内省的に距離を置いているような楽曲もあったはずなのですが、いったいどうしたことでしょう。

聞くワタシのほうが変わったんだ――大航海時代の例しかり――ということも、もちろんあるでしょうが、それを差し引いても、同時に借りた音速ラインとか AquaTimez は男性アーティストでもそんなことはなかったので、はたしてこの違いは何なのでしょうね。

やはりトシを取ることで男性アーテイストの頭の中がどんどんオッサン臭くなっていくのか、はたまたそういうところへ陥ってしまう世代的な限界というのもあるのか……??


一方、女性アーテイストだからといって気は抜けません。

植村花菜の作品は、けっこう好きな曲も多いのですが、かの「トイレの神様」がジェンダー的にはダメダメという意見もあるように、その方向からの批判には耐えない楽曲も少なくないのは残念ながら現状です。

特に「トイレの神様」的に性別役割分業の問題などにまつわる問題点もさることながら、恋愛をテーマにした曲中に描かれる恋愛が、どうしたことか異性カップルであるようにしか聞こえず同性愛解釈が可能とならないというのは(少なくとも私にとっては)致命的なのです。

今般のニューアルバム『手と手』においても、その観点からハズレ評価となった曲が多数。
(でも「ひまわり」は元気が出る快曲。ぼちぼちいこうや~♪ で肩の荷が軽くなる(^^)v)

 


植村花菜のほか、音楽性からは私の好みのアーテイストなはずなのに、どこか今ひとつ心の琴線に触れず、聞くのに抵抗感のある楽曲が少なくないアーテイストとしては、aiko や miwa などが挙げられます。あとたぶん西野カナもそうかもしれません。

こちらも、その理由が何なのか、一時期は不思議だったのですが、
やはり
  作中の恋愛が異性愛にしか聞こえない
   登場する恋人どうしが異性カップル以外に解釈できない
 …というのが大きな理由なのではないかという結論に昨今は至っています。

性の多様性の観点からすれば、この同性愛解釈が不可能に追い込まれ、異性愛解釈への限定が課されるのは、由々しき問題だと言わざるを得ません。

各アーティストがどこまで意図的あるいは確信犯的なのかはわかりませんが、全体としては、やはりおそらくはアーティストの意識というか心がまえというかセクシュアリティの多様性へのいくばくなりともの想定の有無が作品に微妙な差となって反映して、男女二元的異性愛解釈しかできない楽曲か否かの分かれ目になるんだろうなと思います。


この点、例えば奥華子などは「同性愛解釈もOK度」がすこぶる高い曲が多数ありました。
(個人的にはもちろん【 百合解釈 】(*^_^*)で萌えてます)

映画『時をかける少女』2006年アニメ版の主題歌「ガーネット」などは、その真骨頂と言えましょう。
メジャーデビューシングル『やさしい花』そのcw「夕立」、そしてインディーズ時代の伝説の名曲「花火」もしかり。
「白いハート」については以前触れましたね。

いゃむしろ「同性愛解釈【もOK】」と言うよりは、そう解釈しないとつじつまが合わないケースが多々見受けられます。

「夕立」の歌詞(作詞:奥華子)では「普通の恋人にどうしてもなれない」と、明らかにノーマルならざる事情を抱えていることが示されています。
「花火」(作詞:奥華子)の「ぶつかり合う人波避けて二人だけの場所を探した…」なんて、字義通りだとカップルで花火大会に行けば当たり前にすること過ぎます。それならわざわざ歌に歌い込むことでははありません。
だからここはひとつ、探しても探しても「二人だけ」が物理的にも心理的にも認められる場所がないワケアリの関係――その典型例として同性カップル――でないと意味が通らないのです。

名曲「やさしい花」(作詞:奥華子)にしても、「君を守る人になりたい」という「僕」が男の子でその対置としての「君」が女の子だなんて解釈に陥ると、妙な感じで「男の俺がかよわい女の君を守ってやるぜ」という昭和的な汗臭さが醸し出されてしまい、悪い意味での尾崎豊っぽいになってしまいます。
これはやはり、例えばビアンカップルの相対的元気キャラ(例:森島明子『半熟女子』に登場する ちとせ →2巻121ページから数ページにわたって該当する葛藤が描かれている)が世間のホモフォビックな風潮の中でどうやって彼女を守り愛し続けていけるだろうか……と模索する歌だという具合に、ジェンダー規範に基づく性別役割にとらわれないように聞いて初めて、素直に切ないイイ歌になるのです。

 

ただこれまた今回借りたニューアルバムの『 good-bye 』では、そうしたテイストが極めて希薄になってしまっており、直接的な恋愛ソングではないもっと壮大なテーマの曲(「君の笑顔」とか「足跡」とか)以外は、やはりハズレ認定せざるを得ませんでした。

どうも、アルバムで言うと最初の2枚あたりは良かったのですが、3枚目あたりから、徐々にこの傾向が強まり続けているように思えます。

はてさて、これにももしかしたら何らかの事情があるのでしょうか?
(版元のポニーキャニオンからの圧力とか!?)


そういう意味では、今もっとも安心安定の品質の代表格は、いきものがかり …ということになるでしょうか。

いきものがかり の楽曲群は恋愛モノでも「異性愛解釈しかできない度」はおおむね低いですし、その他ジェンダーやセクシュアリティの観点から評価しても問題は少ないのではないでしょうか。
(強いて言えば「気まぐれロマンティック」や「キミがいる」あたりが若干アヤシイ)

いわゆる男性が作詞作曲して女性が歌うというのは、この点では黄金パターンなのかもしれませんね。

最新アルバム『 NEWTRAL 』も、その点ほぼ盤石です。

 


そしてそんな いきものがかり が、今や押しも押されぬJ-POP界を代表する人気アーティストであり、つまるところ幅広い層から支持されているという現状は、好ましいものだととらえてよいでしょう。

 

楽曲の同性愛解釈の件については、当記事の前提としてコチラの記事もお読みいただいておければ幸いです
  ↓ ↓
★卒業ソングは本当に男女不平等!?


 


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。