So-net無料ブログ作成

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などはお知らせブログにて

裁判員制度開始目前ですが [メディア・家族・教育等とジェンダー]

ついにはじまる裁判員制度



どうも巷の声では、裁判員をやりたくないという人が多いようですが、不思議です。
せっかくのこの機会、なんでやってみたいと思わないのでしょうか??



むろん個人の感覚というモノも尊重されるべきですが、少なくとも、これは、わたしたちが司法に直接参加する方法が整備されたわけで、いわば権利の拡大だというのが建前です。
もっと言えば、参加することが、民主社会を維持するための事実上の義務と考えてもいいのではないでしょうか。



だから、「自分はしたくない」という個人的意見ならまだしも、制度自体をとやかく批判するのは筋違いというものだと思います。



だって、例えば選挙権の範囲が拡大するのに反対するのと同じだし。
(ぃや、たしかに選挙でも「わからない」「面倒」なんてゆー人いるけど)
.



ただ、もちろん新しくできた制度なので、現場での運用に関わる細部については、まだまだ様子を見ながら整備・改善していくべきところは少なくないでしょう。
.



そして!



ソコに関連して、ここへ来てモンダイになっているのが↓これ!!
http://ajwrc.org/jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=454



性犯罪の被害者にかかわる情報は最大限の注意をもって保護するべきはずなんですが、裁判員制度のどさくさで流出する危険性が発生したりするようでは、被害者にも、そして裁判員制度にとっても不幸です。



なんとかせねば(--;)



NPO法人SEANのほうでは上記リンク先の要請活動に団体賛同しました








コメント(0)  トラックバック(1) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1